ガス代が高い時の節約方法!節約のためにお風呂と調理でできる工夫!

節約

ガス代が高いよ~!
お風呂や調理で節約する方法は何があるの?

ガス代ってとくに冬になるとバ~ンと高くなりませんか?
請求書が来て私も青ざめたことが何度もあります。

あなたもそんな経験ありませんか?

光熱費の中で季節での変動が高いガス代。

特に毎日入るお風呂や
調理は生活に欠かすことができないので
少しでも節約していきたいですよね。

そこで今回はお風呂や調理する時の工夫で
ガス代を節約できるアイデアをご紹介します!

スポンサードリンク

ガス代が高い!節約方法は何がある?

ガス代が冬に高くなる原因として

  • お風呂の給油温度が高くなる
  • 洗い物でお湯を使う
  • なべ物や煮込み料理でガスを使う時間が多くなる
  • 床暖房やガスファンヒーターの暖房器具の使用

などがありますが

特にお風呂や台所で使うガスは
毎日使うので工夫次第では大幅に節約できたりするんです!

請求書を見ても青くならないために
今からできる方法を生活に取り入れていきましょうね♪

ではまず毎日欠かすことができないお風呂でのガス台の節約方法からご紹介しますよ♪

ガス代を節約!お風呂できる対策は?

風呂

お風呂はガス代が大きくかかるものの一つです。
でも工夫することで大きくガス代の節約をすることができるんです。

お風呂のガス代の節約方法 1

冬は特に水の温度が低いので
熱いお湯にするためにガスを多く使うので
ガス代がかさみます。

そこで黒いビニール袋を浴槽にすっぽり覆いかぶせ
その上から蓋をして沸かすだけで
約5分早く沸かすことができます。

お風呂のガス代の節約方法 2

追い炊き機能を使うよりも冬は
新しく沸かしたほうが節約できます。

お風呂の水は洗濯物に再利用しましょう。

でも家族で入る場合に時間が空いてしまう場合もありますよね。
そんな時は

ふたの下にお風呂の保温シートかぶせて追い炊きすると
保温効果が増して追い炊きする時間の短縮ができます。

お風呂のガス代の節約方法 3

気温が低い冬はなるべく入る直前にお風呂を沸かしましょう。
逆に夏は気温が高いので
水から沸かす場合は日中に水を張っておくといいですよ。

お風呂のガス代の節約方法 4

ガス代を節約するために電気で保温すると
ガスでお湯を沸かすよりも年間で6万円以上節約できるグッズも出されています。

工事や取り付け不要で簡単にできるのでおすすめですよ!

年間6万円ってすごいうれしいですよね♪

では次はお台所でできる節約の工夫をご紹介しますね♪

ガス代を節約!調理で工夫できることは?

ガス台

調理器具を工夫してガス代を節約

★ 鍋は平たくて大きめのものを使いましょう。

本来ガスの火は強火で短時間で行うのが一番経済的なんですが
炒め物ばかり作るわけではないのでそうもいかないですよね。

スポンサードリンク

小さめの鍋を使うとどうしても火がはみ出てしまうので
効率が悪くなってしまいます。

大きな鍋なら火をしっかりととらえて
さらに平たいと熱の伝導率がよくなるので
深めの小さい鍋より平たく大きめの鍋を使うようにしましょう。

★洗った鍋やフライパンをそのまま使わない

洗ったばかりの調理器具を蒸発させるまで火にかけるという人がいますが
蒸発させるまで火にかけることで
ガス代がかかります。

★ ガスコンロは続けて使う

ガスコンロは鍋だけではなくコンロそのものを温めるまでにもガスが使われています。
コンロを使うまでに時間が空いてしまうことで
再びコンロを温めるまでにガスを消費するので不経済です。

ガスコンロを使うときはコンロが温かいうちに続くて使うようにしましょう♪

★ 調理時間を短縮する

たとえば大根やジャガイモのお味噌汁を作る場合
ふたをして沸騰したら火を止めて余熱で調理するなどの方法でガス代を節約できます。

カレーやシチューなどの煮込み料理も同じ方法ですが
鍋にバスタオルなどで保温して余熱調理をするのもいいですね。

こんな便利なのもあるんですね♪

一番いいのは圧力鍋を活用すると大幅にガス代と調理時間の節約になります。
私も使っていますが
カレーなどは1分くらいでできちゃうので本当におススメです♪

まとめ

今回はガス代を節約する工夫についてご紹介しましたが
ちょっとしたことでも
ちりも積もれば山となって
節約できるので生活に取り入れてみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。