インフルエンザに家族がかかったら 家族感染の確率は?予防方法は?

インフルエンザ

子供がインフルエンザに罹ったとき家族感染を防ぐにはどうしたらいい?

家族がインフルエンザにかかってしまったら
かかってしまった本人の回復はもちろん
家族同士の感染が心配ですね。

今回はうがいや手洗いマスクなど基本的な予防法の他に
家族ができる対策についてご紹介します。

免疫力が低下するとインフルエンザにもかかりやすくなります。
こちらの記事では子供のアトピーを通して、体の免疫力をあげる方法をご紹介しています。インフルエンザにかかりにくい体質を作っていくためにも取り入れていってくださいね。

肘や膝の裏のかゆみはアトピーかも!子供のブツブツの原因や対策まとめ

スポンサードリンク

インフルエンザに家族がかかったら どうする?

まずインフルエンザが感染する経路について
ちょっと説明しておきます。

インフルエンザの感染する原因としては

  • 飛沫感染
  • 接触感染
  • 空気感染(否定できない)

があります。

飛沫感染は、せきやくしゃみの時に飛び散るインフルエンザウイルスが
健康な人の口や鼻から入り込むことで感染する経路。

接触感染は、その名の通りウイルスのついた手で
さまざまなところを触ることで広がります。

空気感染は飛沫感染と間違えやすいのですが
飛沫の水分が蒸発して小さくなったウイルスが空中を長時間漂っていることです。

水分がなくなることで軽くなってふわふわと空中を漂っているので
マスクだけでは感染を防ぐことは難しくなります。

家族がかかってしまったときの対処法

手洗はこまめに

基本的な予防法ですがインフルエンザのウイルスに感染しないためには
絶対に必要な方法なので
手洗いはこまめに行ってくださいね。

感染した本人の隔離

隔離というと大げさに聞こえますが
できるだけほかの家族と接触しない環境を作れるようにしましょう。

特に小さい赤ちゃんや
高齢者のいる家族は抵抗力が弱く
感染すると重症化してしまうこともあるので
できるだけ接触するのを避けたほうがいいです。

とはいえ完全に隔離をするというのは難しいことも多いので
その場合はできるだけ
接触しないように工夫しましょう。

看病をする人は家族で一人と決めて
看病する際もマスクを必ずするようにしましょう。
そしてかかってしまった本人も、せきやくしゃみから出るウイルスが飛び散るのを防ぐためにも
マスクをしましょう。

またマスクをすることでのどの乾燥も防げます。

鼻をかんだティッシュペーパーは密閉する

鼻をかんだティッシュペーパーにはインフルエンザウイルスがたくさんついています。
使用済のティッシュペーパーは蓋の付いたごみ箱か
大きめのジップロックを枕元に用意しておき、
かんだらそこに入れてその都度密閉するようにすると
感染のリスクが減少します。

アルコール消毒も枕元に

看病した後にすぐにアルコール消毒ができるように枕元に置いておくと
便利です。

部屋の換気をこまめに

熱が出ていて寒いからと部屋を閉め切っていると
ウイルスが充満してしまうので
こまめな換気をして空気の入れ替えをしましょう。

湿度を50~60%に保

インフルエンザウイルスは乾燥を好むので
部屋の湿度を50~60%に保てるようにしましょう。

加湿器がない場合はぬれたタオルを部屋にかけておくだけでも乾燥が防げます。

最後のほうにこれ以外の予防方法もご紹介していきますので
最後まで読んでみてくださいね♪

次は家族が感染した場合の家族にかかる確率についてお話します。

インフルエンザの家族感染の確率は?

季節性のインフルエンザ、新型のインフルエンザで家族への感染の確率は多少違ってきますが
大体8~10%の割合で感染するといわれています。

そのうち兄弟や姉妹間での子供から子供への感染が約半数
子供から大人への感染は約半数と

スポンサードリンク

「子供」

を媒体として感染することが多いんです。

反対に大人から大人への感染は4%
大人から子供への感染は3%

これはどういう意味かというと
やはり子供の看病をする大人や

子供同士は感染対策が十分に行えていないということも一つの原因ですね。

そのため兄弟や姉妹がいる場合でどちらかが感染してしまったら
治るまでは接触をできるだけさせないで
こまめな手洗いを促して家でもマスクをするようにしてあげてください。

では基本的な手洗いなどのほかにどのような予防方法があるのかご紹介していきますね♪

インフルエンザの家族ができる予防方法

タミフルの予防投与

親がインフルエンザにかかってしまうと
大変ですよね。

私は病院で働いていますが、去年インフルエンザが病棟内で流行してしまい
スタッフ全員にタミフルの予防投与をすすめられました。

タミフルはインフルエンザに罹った時の治療薬として使われていますが
かかる前に飲むことで感染を防止する役割も持っています。

ただしインフルエンザにかかっているわけではないので
健康保険適用外になりますので注意してくださいね。

歯磨きを丁寧に

歯磨き?と思うかもしれませんが
口の中はたくさんの雑菌の住処です。

雑菌が繁殖していることで
粘膜の抵抗力が弱くなってウイルスが侵入しやすくなります。

ある病院の入院患者の実験で、毎食後の口腔ケアをしっかり行うことで
そうでない人に比べてインフルエンザに感染する割合が大幅に減少したというデータがあります。

除菌率の高い空気清浄器を置く

空気感染ということを考えると
空気をきれいに保っておくことは大切です。

こちらの空気清浄器はちょっと他と違って
水で空気を洗うという珍しいタイプで

空気清浄機ではなく

空気洗浄機なんです。

ヘッドとボールの隙間から空位中に漂うウイルスや雑菌を吸い取ってくれるので
小さなお子様や赤ちゃんがいる家庭にはおすすめです。

最近は病院でこれを置いているところも多いようです。

除菌率99.96% 空気洗浄機《限定モデル》の公式ホームページを見てみる

ウイルスを寄せ付けないウイルスブロッカー

身につけるだけでいいので医療機関でも使われているところもあるようです。

まとめ

家族でインフルエンザにかかってしまうと
本当につらいです。

できる対策を行って少しでも感染の拡大を防いでいきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。