風邪の引き初めに効果がある対策 のどや咳に効く飲み物は?

風邪

ヤバい・・風邪かも・・

のどの痛みや鼻水で風邪の引き始めは
そんな体の不調から始まって嫌な感じがしますよね。

悪化してしまうとつらい症状に苦しんでつらいので
風邪の兆候を感じたらすぐに対策を行うことが大切です。

今回は風邪の引き初めにおすすめの対策と
のどの痛みや鼻水、咳におすすめの飲み物をご紹介しますよ!

スポンサードリンク

風邪の引き始めに効果がある対策

のどの痛みや寒気などの違和感から風邪を引いたかもしれないと感じることも多いですね。

のどが痛くなる原因は空気中が乾燥して
口の中やのどの粘膜も乾燥し
風邪の細菌が付着しやすくなって炎症を起こすために
痛みを感じます。

風邪の引き始めに違和感を感じた時に行う対策

★番茶でうがいをする

番茶には抗菌作用のあるタンニンが含まれています。
普段飲む番茶よりも濃いめに入れて塩を一つまみ入れたものでうがいをします。
大量に作っておいてこまめにうがいをすると効果的です。

★鼻うがいをする

塩水で鼻うがいをすると風邪で炎症を起こしたのどの細菌感染を鎮める効果があります。

口の中だけではなく鼻にもたくさんの細菌がついています。
鼻うがいは細菌を除去するために効果的です。

水道水のままでは鼻の粘膜を痛めてしまうので
生理用食塩水を使います。

生理用食塩水は家でも簡単に作れますよ♪
水250グラムに2グラム程度の塩を混ぜればOK!

洗面器に入れて片方の鼻を抑えて片方の鼻から吸い上げます。

これを両方の鼻をできれば3~4回行います。

★熱めの緑茶をこまめに飲む

お湯でもいいですがなるべく熱めのお湯で緑茶をこまめに飲みましょう。
緑茶と熱めのお湯には殺菌成分もあって
飲むことでのどについた風邪のウイルスを洗い流せます。

胃に入ると胃酸でウイルスは死滅するので安心してくださいね♪

★首と背中を温める

首の後ろと背中には風邪に有効なツボがあります。
そこを温めることによって免疫力も高まるので風邪の引き初めに効果的です。

使い捨てのカイロや温湿布を首の後ろと背中に貼って温めます。
相乗効果で手足も温まる効果もあります。

熱めに絞ったタオルをビニール袋に入れてタオルで巻いて首の後ろにあてても気持ちがいいですが
長時間は持続しないのでこまめに変えないと
タオルが冷えて逆効果になるので注意してくださいね。

★部屋の湿度を保つ

風邪はは低温・乾燥している冬に多いですね。

お部屋を適度な湿度を保ってウイルスが住みにくい環境を作ることも大切です。

対策としては
・加湿器
・濡れたタオルを干しておく
・洗濯物を部屋干しにする
などでも乾燥を防げます。

★ニンニク味噌で風邪を撃退

ニンニクは滋養強壮に優れていて風邪にも頼もしい食べ物です。

にんにくを皮ごと焼いて皮をむきそのまま食べるか
すりおろして熱いみそ汁やスープに入れて飲むのがお勧めです。
焼くとニンニク特有のにおいは気にならないですよ。

★体を温める

熱がないならお風呂で温まるのも効果的です。
ただしお風呂は体力の消耗が激しいので
長湯は避けて
お風呂から上がったらすぐに暖かくして布団で休んでくださいね。

風邪の引き始めにのどや咳や鼻水がつらいときに

せきや鼻水のつらい症状を少しでも楽にする方法をご紹介します。

★マスクをして寝る

風邪をひくと鼻水で鼻が詰まって口をあけて眠ることが多いです。
その結果のどがますます乾燥して悪化の原因になりますので
のどの湿度を保つためにもマスクをつけて眠るようにしましょう。

スポンサードリンク

★鼻の詰まりに長葱の嗅ぎ薬

鼻が詰まると苦しくて眠れないですよね。
長ネギを5センチくらいに切って
ねばねばしたところを鼻にあてて嗅ぐと
鼻がすっと通ります。

寝るときには鼻の横に長葱をばんそうこうでくっつけてもOKです。

★鼻のムズムズ感を感じたら

大根おろしの汁を煮立たせてそこににんにくのすりおろしをひとかけら入れて出来上がりです。
鼻がムズムズして風邪の兆候を感じたら
これを作って熱いうちに飲んでみてください。

★咳にキンカンの砂糖煮

冬になるとスーパーでよく見かけるキンカン。

キンカンは咳によいとされ昔から重宝されています。

キンカンの砂糖煮の作り方

≪材料≫

きんかん・・200g
砂糖・・200g
水・・1カップ

1・キンカンに縦に6本ほど切れ目を入れる

2・2~3回水を入れ替えながら一晩水につけて苦味をとる

3・鍋に材料全部を入れて焦げ付かないように煮詰めて出来上がり

★咳にザクロの砂糖漬け

ザクロも咳に良く効きます。
ザクロの実を輪切りにして砂糖に漬けておいて
咳がつらいときにそのエキスを飲むと楽になります。

風邪の引き始めにおすすめの飲み物

★梅干しの黒焼きで殺菌効果

梅干しには体の疲労を回復するクエン酸や
引き始めの風に効果的な殺菌作用に優れています。

梅干を網やトースターで焼いて
湯呑に入れてお湯を注いでほぐしながらいただきます。
そこにすりおろしたしょうがを入れても体がさらに温まります。

★大根はちみつで消炎効果

はちみつにはのどの炎症を抑える抗菌物質が含まれていて
大根にはビタミンCが含まれていて風に効果的な食べ物です。

大根をサイコロ状に切ってはちみつに2~3時間つけるだけ。
スプーンで1さじづつなめるか熱いお湯を注いで飲みましょう。

匂いが気になるという方はしょうがを入れたり紅茶に入れて飲むのもおすすめです。

★生姜湯

とにかく風邪のときは体が冷えていると免疫力や抵抗力が弱くなるので
体を温めることが大切です。

しょうがをすりおろしレモンと蜂蜜を加え厚いお湯を注いで飲むと
体がポカポカ温まります。

★定番の卵酒

卵酒は昔から伝わるおばあちゃんの知恵袋的な存在ですね。
これも体を温める飲み物としては効果的です。

1卵をよくかき混ぜてはちみつを加えます。

2・お酒を熱めにお燗します。

3・卵をかき混ぜながらお酒を少しずつ注ぎます。

まとめ

風邪の引き始めには

・乾燥を避ける
・ウイルスを殺菌するためのうがいや手洗いをこまめに行う
・体を温める

この3つをいかに早めに取りかかるかがこじらせないために大切なので
風邪を引いたなと感じたら早めに対策をして
できる限りゆっくり休みましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。