インフルエンザの予防接種の後の感染 症状は風邪?解熱後の出勤は?

風邪

予防接種したのにインフルエンザに罹ったかも?症状は風邪と違うの?

インフルエンザの予防接種をしたからといって
100%予防できるわけではありません。

私は看護師という職業柄、毎年ほぼ全員が予防接種を受けますが
職員でも数名はインフルエンザにかかっています(-.-)

インフルエンザ=高熱というイメージがありますが
予防接種を受けた後感染した場合の症状は一般的に軽くなる傾向があります。

実はこれが結構厄介で
ただの風邪だと思って出勤して感染を拡大させてしまったり
こじらせてしまったりすることも。

そこで今回はインフルエンザの予防接種をした後
インフルエンザに感染した場合の症状や対策
風邪との違い
解熱後の出勤の目安などをご紹介します。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種をしたのに感染 症状は軽い?

インフルエンザに限らず、予防接種は

「きわめて弱毒性のウイルス」

を体内に入れることで抗体を作ります。

このため接種した時の体調によっては
ウイルス感染を起こした時のように軽い風邪のような症状が出ることもあり得ます。

この体内に入れた抗体をによって体に免疫ができて
インフルエンザに罹ったとしても
かかったインフルエンザの型が予防接種の型と同じ場合
インフルエンザの症状が
軽くなります。

ただしこの場合摂取したのと同一型のインフルエンザウイルスの時だけです。

別の型のウイルスだった場合は効果がないので
症状は軽くなることはありません。

私も昨年予防接種をしていましたが
インフルエンザにかかりました。

この時は同一型のワクチンを接種していたため

  • 37・4度くらいの微熱
  • 鼻水
  • 軽い頭痛

という症状が出ました。

翌日検査を受けたところ
インフルエンザ陽性が出て
風邪ではないことが判明しました。

インフルエンザの症状として

  • 38度以上の高熱
  • 全身倦怠感
  • 関節痛
  • 頭痛
  • 食欲不振

などまずは高熱が出るというイメージが強く
37度台の微熱だったらただの風邪と決めつけてしまいがちですが

インフルエンザだったということも十分あるので
症状が軽くても注意が必要です。

スポンサードリンク

そして注意しなくてはならないのは
症状は軽くても感染力は変わらないということ。

必ずマスクをして
家族などにもつけてもらうようにしましょう。

あとは自分の普段の平熱を知っておくことも大切です。

普段35度台の人が36度台後半でも
その人にとって微熱ということもあります。

また熱は夜は高く朝は低くなるので
一定の時間に測るのもポイントですよ!

インフルエンザの予防接種をした後に風邪の症状が出たら?

予防接種をしている場合
微熱や風邪と似た症状で済んでしまうことも多いので
注意しなくてはならないのが

自己判断で市販の風邪薬や解熱鎮痛剤などを飲んでしまう

ことです。

特に小児の場合アスピリン系の解熱剤を飲むことで

  • 脳障害
  • 重篤な全身症状

深刻な状態になってしまうこともあるんです。

ただしアセトアミノフェン系のものなら安全とされていますが
インフルエンザが流行している時期や
周りにインフルエンザに罹った人がいる場合は
微熱であっても発熱してから12時間以上たったら
近医でインフルエンザの検査をしましょう。

インフルエンザの検査は症状が出てから
12~24時間後に検査をしないと正しい判定ができないので

実際すぐに検査をして陰性だったのに
翌日検査をしたら陽性だったということはよくあります。

ただしインフルエンザ治療薬は発症してから48時間以内に服用しないと効果がないので
12時間を過ぎたら病院へ行きましょう。

インフルエンザの解熱後いつから出勤しても大丈夫?

悪寒や発熱などの症状が出て発病後5日間
長いと1週間程度インフルエンザウイルスが検出される場合があります。

タミフルなどのインフルエンザ治療薬を服用することで
ウイルスが排出する期間が短くなるかどうかはまだ解明されていません。

少なくても解熱してから2日間を過ぎたら
出勤していいとなっていますが
せきなどの症状が長引くことがあるので
必ずマスクはつけるようにして
体調がすぐれなければ無理をしないようにしてください。

まとめ

インフルエンザは冬に流行する傾向にありますが
実は一年を通して感染する病気です。

今年は通年よりも早く流行するといわれているので
ただの風邪かも?と思わずに
一度検査をすることで
悪化させず
周りの感染予防の対処もできるので
参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。