七五三の食事の費用はいくら?お返しは必要?のしの書き方は?

七五三

両家の両親と七五三の食事会 予算ってある?
 

七五三の参拝を済ませた後は
レストランやホテルでお互いの両親を呼んで
食事をする場合気になるのが

「予算」

いろいろまとまったお金が動く行事なので
気になるところです。

お祝いをいただいたお返しはどうするのかも
初めての場合分からないことが多いようです。

自分たちだけではなく親も絡む行事はいろいろと気を使うものです。

あいまいな部分はここでしっかり確認してみてくださいね。

スポンサードリンク

七五三の食事の費用の相場ってあるの?

茨城や千葉など一部の地域では
ホテルなどの宴会場を貸し切って
親戚一同や友人、知人を招待する
披露宴のように盛大に行うところもあるようですが

両親を招いての食事会の相場というのは
金額は正式に決まっていません。

お祝いの席ということで
祝い膳などが用意できるお店の場合の予算は

大人1人  2000~5000円
子供一人 1500~2000円

位が多いようです。

安いからといって失礼にあたるということはありませんので
いくら以上の料理にしなければいけないと悩まなくて大丈夫ですよ!

ちなみに我が家の場合予算として
5千円を予定していたのですが

お店の方に七五三の食事会(お昼)である旨を伝えたところ
お酒は別料金でしたが3500円のコース料理でお祝い用に用意してくださいました。

ここで大切なのは料理の金額よりも
お店の雰囲気や接客
お祝いごとに慣れているお店だと
対応もスムーズですよ。

下のお子様がいる場合は個室などのほうが
ゆっくり落ち着いて食事できますね。

七五三の食事の席でお返しは必要?

原則として七五三のお祝いのお返しは必要ありません。

当日食事会に招待すれば
祝い膳がお返しになります。

ただ写真代やお祝い金など
いろいろしてもらった場合何か形のして渡したいという場合

子供の名前で内祝いを用意してもいいですね。

この場合の定番としては

★お赤飯
★縁起物のお菓子
★千歳飴

などが定番です。

スポンサードリンク

千歳飴は3歳なら3本
5歳なら5本

という風にお祝いする年齢の分を入れます♪

遠方の親せきなどからお祝いをいただいた場合は
七五三の時に撮った写真を添えて品物を送ると
お子様の成長もわかり喜ばれます。

あとはお子さん本人から

「ありがとう」

という電話もとても嬉しいものです。

ただこれも

「必ずそうしなければならない」

というものではありません。

大切なのは表面上の形式よりも
気持ちを贈るという原則があることを忘れないようにすれば
相手にもきっと伝わるはずですよ。

七五三のお祝いのお返し のしの書き方は?

本来内祝いというのは
いただいたお祝いに対するお返しのことではなく
おめでたいことがあった時に
お世話になった方や親しい人にお知らせを兼ねて贈る

「内々のお祝いごと・自祝い」

ということです。

そうした性質からお祝いを頂いていない方にも
お世話になった方などにも送ります。

どちらにしても一般の慶事なので
それに準じた形になります。

通常の祝い事の場合は
贈る側の性だけを記すことになっていますが

出産や七五三など子供の成長の祝い事ならば
送り主は

子供本人

ということになります。

なのでのしは

  • 内祝い
  • お子様の名前

で送る時期はお祝いをいただいてから

1週間以内

に送るようにしましょう。

品物の金額は大体頂いた金額の3割から半額までが一般的に多いようです。

まとめ

七五三は子供にとって着物を着て
とても楽しい行事ですが
神社への参拝や
写真撮影などで思いのほか疲れてしまいます。

食事会の時のはお洋服に着替えて楽な服装にしてあげるのも忘れないでくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。