インフルエンザに子供がなったら親の仕事や兄弟の外出は?咳が出る時は?

インフルエンザ

子供がインフルエンザに罹ったけど仕事は休むべき?

お仕事を持つお母さんなら
子供がインフルエンザに罹ったら
仕事に行くべきか休むべきか
悩むのではないでしょうか。

また兄弟のどちらかがインフルエンザに罹った時
片方の子が元気なら外出させていいのでしょうか?

今回はインフルエンザに子供がかかった時の家族の外出について
看護師として働いている私からアドバイスさせていただきますね♪

 

家族に感染しないようにするための予防策は姉妹サイトワーキングマムでご紹介しています

子供がインフルエンザになったとき親が感染しないための予防対策!

 

スポンサードリンク

インフルエンザに子供がかかった時の親の仕事は?

子供がインフルエンザに罹った時
親が外出できるのか
仕事をされている方は休むべきなのか不安になりますよね

結論から言うと

季節性のインフルエンザは特に会社から規定が出ていない場合は
本人に症状が出ていなければ
休まなくてはいけないという法律はありません。

新型インフルエンザのような
パンデミックの恐れがあるような場合はこの限りではなく
会社から出勤停止の命令が出ることもあります。
(パンデミックというのはある感染症や伝染病が、顕著な感染や死亡被害が著しい事態を想定した
世界的な感染の流行を表すことを意味します)

 

私の職場では
もし家族にインフルエンザの感染者が出たら
職場には報告する義務があります。

予防接種も義務付けられているので
私も家族も予防接種は受けているのですが
それでも子供が感染したことがあります。

ただし親である自分に症状が出ていない場合は普通に出社していいことになっています。

でもインフルエンザウィルスは非常に感染力が強いウィルスなので
親が保菌している可能性は十分にあるんです。

発症するとしたら3日くらいのうちですので、
症状が出ていなければ休む必要はないと思いますが、
いつ発症してもおかしくないので常にマスクは着用しておいてください。

また衣類や皮膚にはウィルスが付着している恐れがあります。
衣類から人へと感染させるリスクがあるので

仕事に行かれる時は出かける直前に着替えて
菌を職場に持ち込まないように工夫することも大切です。

確かに仕事には責任を持つことも大切な事ですが
私の場合子供がインフルエンザに罹った時には
やはり子供のことが心配だったので
子供の状態を話して勤務先に連絡をして休みました。

大人でもインフルエンザになった時に家で一人でいるのは
何となく不安なものですよね。

ましてや子供がインフルエンザの時に一人で家に居させるのはとても心配なことです。

可能であるならば
熱がある間は仕事を休んで一緒にいてあげたほうが
安心です。

もしも仕事が休めないという場合は
両親のサポートなども受けられるなら来てもらうのも一つの方法です。

あとは病児保育というサポートもありますが地域によってはない場合や
急な場合は受け付けていないところが多いです。

病児保育一覧はこちら

子供の場合急な発病はよくあることなので
仕事を休むのが難しい方は
いざという時に備えて
サポート体制を考えておくと安心ですね。

インフルエンザの兄弟がいる場合外出はOK?

兄弟のいる場合どちらか一人がインフルエンザに罹った場合
外出をどうするべきかも悩みどころですよね。

確かに元気いっぱいなのに家に居させるのもかわいそうな気がしますしね。

でも先ほどもお伝えしましたが

インフルエンザウィルスは非常に感染力が強いウィルスです。

厚生労働省では

  • 36度台の平熱になってから2日間
  • インフルエンザ発症の翌日から7日間

という基準が2つあります。

また感染してからインフルエンザ発症するまでの潜伏期間は
1~7日間と言われています。

でも

発症前の潜伏期間には感染力はありません

(厳密には発熱する前日から感染力が出てきます)

なので体調も良くて症状が出ていなければ
外出は可能です。

この場合外出する場合は毎日検温して
インフルエンザの症状がないかを確認するようにしてくださいね。

ただし保育園などによっては
濃厚接触者という扱いで

登園は控えるように言われる場合もあります。

あとはお友達の家などに遊びに行くのは注意が必要です。

家族の誰かがインフルエンザにかかっている場合
学校や習い事などは必ずマスクをして行かせることはいいですが

個人のお宅の場合
個々の考え方や価値観の違いもあるので一概には言えませんがやはり

「自分の子供に移ったらどうしよう」

と不安の原因にもなりかねないですし
トラブルになることもあるので
子供は元気でも個人のお宅への訪問は避けるべきだと思います。

スポンサードリンク

繰り返しになりますがインフルエンザは発症の前日から感染力があるので
お友達の家に遊びに行った当日にインフルエンザを発症する恐れもあります。

そうした場合遊びに行ったお友達にも感染するリスクは高いということです。

実際に感染していない子供が友人の家に遊びに行って
その夜に発病。
その時に一緒に遊んでいた子供たちが次々にインフルエンザに感染して
他のクラスまで感染が拡大し
学級閉鎖にまで及んでしまったという実例もあります。

遊びに行かなくても感染を完全に防ぐことは難しいですが
少なくても個人のお宅への訪問は遠慮しておいたほうがよさそうですね。

インフルエンザの外出は咳が出てるとしてはダメ?

インフルエンザは一般の風邪と違って
気管支炎や肺炎など合併症を起こしやすい感染症です。

熱が下がって2日間で登校や登園、出社していいとされていますが
あまりにひどい咳ならもう一度病院を受診したほうが安心です。

また咳からは約10万個のウイルス
くしゃみからは約100万個のウイルス

が飛び散るといわれています。

たとえ解熱後2日間経っていても
周囲の人は

感染したら・・

と不安になります。

もし病院でOKサインが出ても
咳や鼻水が続いている間は

必ずマスクをするようにしてくださいね。

咳エチケットです♪

まとめ

どんなに感染に気を付けていても
感染してしまうこともあるインフルエンザ。

特に流行しているときには周囲も感染に敏感になっています。

外出は一般に解熱後二日間とされていますが
周囲への配慮も大切ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。