インフルエンザでリレンザを使用して熱が下がらないのは?座薬はOK?

熱

リレンザ使ってもなかなか熱が下がらないけど大丈夫?

インフルエンザに感染して薬を処方されたのに熱がなかなか下がらないと心配になりますよね。

また熱が続くとインフルエンザの合併症や感染症も心配です。

熱を下げてあげたいけど
リレンザなどの抗インフルエンザと一緒に座薬を使ってもいいのか心配な人も多いと思うので

今回は
リレンザを使っても熱が下がらない理由
インフルエンザ以外の合併症を起こしている可能性がある時の兆候や観察の仕方
解熱薬や座薬を併用してもいいのか

インフルエンザになって不安になることをまとめてみましたので
熱が下がらなくて心配な方はここで確認してみてくださいね。

スポンサードリンク

インフルエンザでリレンザを使っても熱が下がらないのは?

インフルエンザの時に処方される薬といえば
タミフルが思い浮かぶ人も多いですね。

リレンザもタミフルと同様抗インフルエンザウイルス薬ですが
リレンザの大きな特徴は

「吸引型」という点です。

専用の器具を使って
1日2回の吸入を5日間行います。

そのため小さなお子様などはうまく吸いにくいという欠点があるため
あまり使われることが少ない傾向にありますが

タミフルにインフルエンザウイルスの耐性ができてしまってから
リレンザを処方する病院も増えてきました。

インフルエンザウイルスは口や鼻からの呼吸するときに体内に侵入して
のどから肺にかけての気道で増殖を始めます。

そのためリレンザを口から直接吸入することで
インフルエンザウイルスが付着している気道に直接働きかけて
ウイルスの増殖を抑える
ので即効性があるといわれています。

リレンザに限らず抗インフルエンザウイルス薬

・タミフル
・リレンザ
・イナビル

自体には解熱作用はありません

抗インフルエンザウイルス薬の役割は

インフルエンザウイルスの増殖を抑えるという点にあります。

そのためウイルスが増殖する期間に抗インフルエンザウイルス薬を投与しないと
効果が薄れてしまうので、インフルエンザを発症してから

2日以内(48時間以内)に投与しなければ効果が期待できないという特徴もあります。

そのためリレンザを処方されたらすぐに1回目をしっかり吸入することが重要です。

通常抗インフルエンザウイルス薬を投与してからは
A型の場合20~30時間後
B型の場合30~40時間後には解熱してくるのが一般的です。

だいたい投与を開始してから投与日を含めて3日目くらいですね。

リレンザを吸入して熱が下がらない原因として考えられるのは

  • ・リレンザを吸入するタイミングが遅くてインフルエンザウイルスの増殖が抑えられなかった
  • ・しっかり吸入できていない
  • ・1日2回5日間吸入しなかった
  • ・他の合併症の可能性

という事が考えられます。

そしてすべての抗インフルエンザ薬に共通する注意点としては
熱が下がっても最後まで飲みきる(吸引する)
という事がとっても大切になってきます。

熱が下がっても体内にはウイルスはまだ残っている可能性もあるので
途中でやめてしまうことでまた熱がぶり返すことも考えられることと
途中でやめてしまうことで耐性ウイルスが出現してしまうからです。

なので一回吸引を始めたら症状が軽減しても副作用の心配がなければ最後まで続けてくださいね。

でもB型のインフルエンザは
抗インフルエンザを投与しても
だらだらと発熱が長引くことが多く
72時間(3日間)を過ぎても体内の中にインフルエンザウイルスが残っている場合も多いという
研究発表もあります。

ただ合併症などがなければ
多少時間がかかってもインフルエンザウイルスや発熱やその他の症状も消失していきます。

でもいつまでも熱が下がらないと
インフルエンザ脳症や
肺炎などの感染症が心配なこともありますね。

次はインフルエンザで心配な合併症の症状の見極め方についてご紹介していきますね。

インフルエンザで子供の熱が下がらない時に注意すること

インフルエンザで怖いのは合併症です。

インフルエンザは熱が高いから仕方ないと思いがちですが
合併症を併発しているときには
熱以外にも症状が出ることが多いです。

なのでお子様の熱以外で注意していきたい
症状をまとめてみました。

  • ・熱性けいれん

文字通り熱に伴いけいれんが起こります。
手足が突っ張る
全身が硬直する
呼んでも返事がなく意識状態がおかしい
白目をむいて口から泡のようなものが出る
唇が紫色になる

という症状が出たら熱性けいれんの疑いがあります。

すぐに行う対処法としては

・嘔吐した時に気道にものが詰まるのを防ぐために体と顔を横向きにして寝かせる
・ズボンやベルトなど体を締め付けているものは外して楽な服にする

注意点として心配なあまり体をたたいたりして刺激を与えることは避けましょう
後は舌をかまないようにと口にものを詰め込むのも危険です。

数分で意識が戻らないような場合はインフルエンザ脳症脳炎の可能性もあるのですぐに受診するようにしてください。

  • 肺炎・気管支炎

高熱が何日間か続いて激しい咳や、呼吸が苦しそうなときは肺炎を併発している可能性があります。

小さいお子様は症状が進行することも早いので激しい咳が治まらない時は早めに受診してください。

気管支炎の症状が現れるのは
インフルエンザの発熱から2~3日後になります。

なので一度病院にかかっていても再度受診して
気管支炎のための治療を開始する必要があります。

また気管支炎を併発している時は
激しい咳が伴うので食事を一度に食べると嘔吐しやすくなります。
そのため食事をするときは数回に分けて少しずつ食べるようにしましょう。

  • ライ症候群

インフルエンザの感染中または症状が回復している時に

・のどの痛みや咳などの上気道炎症状が出た後3-10日から嘔吐がある
・軽度の意識障害

がみられることがあるとライ症候群の初期症状の可能性があります

軽度の意識障害というのは呼んでも返事がない
何となくボーっとしているなど普段とは何となくぼんやりしている状態です。

ライ症候群は放置すると急激な意識障害が進み昏睡状態に進行します。
死亡率も36~58%と非常に高いので早期に発見して治療を開始するのがとても重要になります。

  • インフルエンザ脳症

1~5歳の乳幼児期に発症しやすい大変重症化しやすい病気です。

どちらもインフルエンザ感染後3日~2週間をおいて
頭痛や高熱の他に意識障害や幻覚、異常な行動がみられるなどの症状があります。

早期に治療を開始すれば約7割は回復しますがそれでも死亡率は3割と高いので
少しでも意識がおかしいなどの兆候が見られた場合はすぐに受診しましょう。

  • 中耳炎

耳を痛がったり触ったりしている。
なんか不機嫌
耳を触ろうとすると嫌がる

などの場合は急性中耳炎を起こしている可能性があります。
高熱が伴い痛みがあることが多いので冷たいタオルや氷嚢などで冷やすと痛みが楽になります。

いじれにしても耳を痛がる場合は受診して抗生物質や切開して膿を排出するちりょうをするので
早めに受診しましょう

合併症を併発している時は
熱以外にも何らかの症状が出ることが多いので症状を注意深く観察してあげてくださいね。

特に意識障害は放っておくと危険なので
いつもとなんか様子が違う時はすぐに受診するようにしてください。

スポンサードリンク

子供の熱に座薬を使いたいけどインフルエンザでも平気?

インフルエンザは普通の風邪に比べると高熱が出やすいという特徴があります。

抗インフルエンザ薬を使用することでインフルエンザウイルスの増殖が抑えられて
平均3日くらいで症状が落ち着くことが多いですが
先ほども言ったようにこういんふるえんざやくには解熱作用はないので
熱や頭痛がひどいときには解熱鎮痛剤の併用ができます。

ただインフルエンザの解熱鎮痛剤には使用できないものがあります。

こちらでも書いていますので参考にしてくださいね。

抗インフルエンザ薬とともに出される解熱剤であれば心配なく使用して大丈夫です。

ただし以前に風邪をひいた時に頓服として処方された座薬だと
ジクロフェナクナトリウムのものだと
症状が悪化して重傷化してしまう危険性があるので絶対に使用しない方がいいです。

ついつい冷蔵庫にたくさん取っておいてしまいがちなんですけどね。

使用しても大丈夫な座薬には

アンヒバ座薬、
アルピニー座薬、
パラセタ座薬、
カロナール

などが一般的です。

長時間高熱が続くと体力の消耗も激しいので
高熱や頭痛が激しいときには使用してくださいね。

まとめ

リレンザ自体に解熱させる作用はありませんが
吸入することでインフルエンザウイルスの増殖を防げるので吸入しない場合よりも
早く回復することが期待できます。

熱が下がらないと心配になりますが
熱以外にどんな症状が出ているかを観察して
以上がある場合は早めに受診することで対処も早くできるので参考にしてくださいね。

お大事にして早くなをりますように。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。