花粉症に風邪薬の効果は?鼻づまりに点鼻薬は大丈夫?眠れない時は?

鼻づまり

花粉症に風邪薬飲んでいい?

花粉症の辛い鼻づまり

本当につらいですよね。

夜も熟睡できず頭がボーっとして
睡眠不足で日常生活にも大きな影響が出てしまいます。

そんな時 風邪薬を飲んだら症状が
緩和されたという人もいます。

でも花粉症に風邪薬を飲んでも大丈夫なのでしょうか?

今回は

花粉症に風邪薬を使って効果があるのか
点鼻薬の注意点
鼻づまりがひどく眠れない時の対策

についてご紹介しますよ!

スポンサードリンク

花粉症に風邪薬は効果ある?

体の中にはヒスタミンというホルモンがあるのですが
このヒスタミンが炎症やアレルギーを持つ物質と結合すると
アトピーや花粉症、アレルギー性鼻炎などのアレルギー症状が出ます。

花粉症の薬はヒスタミンがアレルギー物質と結合するのを
阻害する役割を持つ抗ヒスタミン薬と呼ばれるものが多いです。

市販で売っている風邪薬や鼻かぜ用の薬にもこの抗ヒスタミン成分が入っているものが多いので
鼻づまりの症状がひどいときなどは
代用することは可能
です。

風邪の時と花粉症の鼻水や鼻づまりなどの鼻の症状は
鼻の粘膜が炎症を起こしているという点は共通するので

風邪薬や鼻かぜ用の薬でも
炎症を抑える抗ヒスタミン成分が含まれている場合
鼻水や鼻づまりに効果はあります。

ただし総合感冒薬などの
風邪薬には鼻づまりなどを緩和する作用の他にも
風邪を緩和するための成分が含まれているので
常用的に服用することはおすすめできません。

たとえば

風邪薬には鼻の症状の他にも
咳を抑えたり解熱効果があったり
痰を排出させる効果のある成分が含まれているので
体に不要な薬の成分を取り入れるのは好ましくありませんね。

花粉症の薬を飲む場合は

「花粉症の症状が出る前から」

薬を服用する

・予防的治療が効果的といわれています。

花粉が飛ぶ前から薬を服用することで
花粉症の辛い症状を抑える効果があります。

一般に病院などで処方される抗アレルギー薬は
飲み始めてから効き始めるまでに約2週間かかります。

そのため薬を飲むタイミングは花粉が飛ぶ2週間前から始めて
花粉が飛んでいる間はずっと飲むことになります。

花粉が飛ぶ時期は最近ではテレビや新聞でも
花粉飛散開始予測日を知ることができるようになりました。

花粉が飛ぶ予測日の2週間前になったら
病院で診察を受けて抗アレルギー薬を処方してもらいます。

予防薬として使われる抗アレルギー薬は
一般には市販されていないので
予防薬として抗アレルギー薬を使う場合には必ず病院へ行く必要があります。

花粉が飛んでいる間ずっと薬を飲むことに抵抗がある方もいますが
全般的に抗アレルギー薬は副作用の少ないお薬なので
実際に副作用の心配はほとんどありません。

ただし気になるのがやっぱり

眠気

ですよね。

抗アレルギー薬での眠気は個人差があるのでとても眠くなる人もいれば
全然眠くならない人もいるので
眠気が心配な人はまず夜に一度飲んでみます。

翌朝まで眠気が残っているようであれば
医師に相談すると薬を変更してくれることが多いですよ。

また肝機能や腎機能が悪い人も薬の服用を続けることで
悪化
してしまうことがあります。

そのような場合はない服での治療ではない選択肢もあるので
今までに肝臓や腎臓に疾患があるまたは
血液検査のデータで指摘された方は必ず医師に伝えておきましょうね。

花粉症の鼻づまりに点鼻薬を使い続けていい?

先ほどご紹介したように花粉症に薬を使う場合は
予防的に花粉が飛ぶ2週間前から予防的に内服を開始すると
症状がひどくならずに済みますが

予防投与のタイミングがずれたり
初めて花粉症になった人
または予定よりも花粉が早く飛んでしまった場合には
花粉症の症状が出てきてしまいます。

鼻づまりがひどく出てしまった場合には
局所的に治療をする対症療法を行いますが

薬局などで売っている点鼻薬は
血管収縮性点鼻薬といわれるものが多いです。

鼻づまりは鼻の粘膜が充血してむくんでしまうことで起こりますが
血管収縮性点鼻薬を使うと血管が収縮して
充血が取れるので鼻づまりが解消されます。

この点鼻薬は即効性がありますが
短時間しか効果が持続せず
一日に何回も使ってしまったりします。

血管収縮性点鼻薬を長期間使い続けることで
薬の作用が切れると血管が逆に広がって鼻づまりが悪化して
また使ってしますという悪循環になってしまいます。

点鼻薬性鼻炎や
薬剤性鼻炎などといわれています。

血管収縮性点鼻薬を使う場合は
あくまで頓服として
どうしても鼻づまりがひどくて眠れないなどの緊急時に一日に1回程度なら
神経質にならなくてもいいと思いますが
長期的な使用には注意が必要です。

これに対してステロイド噴霧薬リバウンドのようなこともなく副作用も少ないとされていて
比較的安心して使用できます。

ただステロイドというと怖くなってしまう方も多いのですが
内服や注射と違って局所的に使うため副作用はほとんどないといわれています。

あまりの鼻づまりの症状がひどいときには病院へ行って
ステロイド噴霧薬を処方してもらうといいと思います。

次は薬を使わずに鼻づまりを解消する方法や眠れない場合の解消法をご紹介しますね!

スポンサードリンク

花粉症の鼻づまりで眠れない時には?

夜布団に入った途端に鼻が詰まると苦しくて眠れませんね。

後は薬をなるべく使いたくない方も多いと思うので
ここでは薬以外で鼻づまりを解消する方法をご紹介します。

まず寝る部屋と寝具の花粉を取り除く対策を行いましょう。

  • 1・布団やまくらに掃除機をかける

布団やまくらには目には見えないダニやほこりがたくさんあり
花粉が飛ぶ時期に布団を干すと
布団にはたくさんの花粉が付いてしまいます。
そのため布団に掃除機をかけて
できればシーツやカバーもこまめに洗濯をしましょう。

  • 2・部屋の花粉が舞い散るのを防ぐために空気清浄器を使う。

部屋に含まれている花粉に対して空気清浄器を使うのもおすすめです。

後は寝室に外から帰ったままの洋服で入らない
という事も大切です。

寝る場所にはなるべく花粉を持ち込まないように心がけてみてくださいね。

これだけでもだいぶ違いますが
私の友人にひどい花粉症で悩んでいたけどこの方法ですっきり解消されて夜も眠れるようになった
という方法
をご紹介しますね!

セサミオイルで鼻のケアを行った後
アロマの水蒸気で吸入するという方法
です。

用意するもの
太白ごま油
アロマ精油(ユーカリ・ペパーミント・マートル)のいずれか一つ
マグカップ
お湯
スポイト

下準備

太白ごま油をキュアリング(加熱処理)します。

鍋にごま油を入れて弱火にかけます。
調理用の温度計で90度になったら火から下ろします。

余熱で100度くらいになりますがそのままで大丈夫です。
もしも110度を超えそうになったら冷たいふきんの上に鍋を乗せて
冷まします。

後は遮光できるタイプのガラス瓶に入れて保管します。
冷暗所では2~3か月持ちますができれば劣化しやすいので
少量ずつキュアリングすることをおすすめします。

準備ができたら

まずスポイトで鼻に2滴くらいのセサミオイルを入れます。(片鼻)
次にセサミオイルを入れていない鼻を押さえながら今入れたセサミオイルを吸い込むように吸います。
もう片方の鼻も同じように行いましょう。

マグカップにお湯を入れてアロマオイルを1滴ほど垂らして
鼻を近づけてゆっくり吸入します。

そのあとそのマグカップのお湯でホットタオルを作り
鼻に充てて2~3分仰向けになります。

このときに痰などが出てきたら吐き出してうがいをして終了です。

鼻づまりを解消するだけでなく風邪の予防としてもおすすめですよ!
薬を使わないので眠気や副作用の心配もないので
安心です。

最後に寝るときは先ほどのアロマオイルをティッシュに垂らしてマスクをして
頭を高めにして寝るとだいぶ鼻づまりが軽減される
ので試してみてくださいね!

セサミオイルの点鼻はできれば毎日行うのが効果的です。

まとめ

鼻づまりは口呼吸になりやすく
口やのどが乾燥しやすいので
風邪をひきやすくもなります。

自分に合った対策を見つけて辛い鼻づまりが少しでも解消されるといいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。