花粉症と鼻炎の症状の違い アレルギー性鼻炎の薬は?体質改善できる?

鼻炎

鼻水が止まらない・・これって花粉症?それとも鼻炎?

鼻の症状が続くと
花粉症なのか鼻炎なのか分からなくなることもありますね。

市販の薬も鼻炎薬を使っていいのか気になるところ。

今回は

鼻の症状がつらいけど
花粉症なのか鼻炎なのか違いを知りたい!
使う薬は花粉症用のものか鼻炎用のものどちらがいいのか
つらい鼻の症状を根本的に改善する体質改善の方法はあるのか

ということについてお話します。

スポンサードリンク

花粉症と鼻炎の症状の違いは?

一口に鼻炎といっても原因によっていろいろな種類があります。

花粉症だと思っていたけど花粉シーズンが終わっても
鼻の症状が慢性的に続く

または鼻炎だと診断されたけれど
花粉が飛ぶ時期に症状が悪化する

一体花粉症と鼻炎のどちらなのか?

と悩んでいる人は意外と多いんです。

結論から話しますと

花粉症とアレルギー性鼻炎は別々のものではなく
花粉症もアレルギー性鼻炎の一つです。

アレルギー性鼻炎は大きく2つに分けられていて

季節によって症状が出る

  • 季節性アレルギー鼻炎

一年中症状が出る

  • 通年性のアレルギー性鼻炎

に分けられます。

花粉症は季節性アレルギー鼻炎の一つで
季節性アレルギー鼻炎のほとんどはこの花粉症です。

一年中鼻の症状に悩まされる通年性アレルギー鼻炎は
原因も様々で
ほこりやダニなどのハウスダスト
猫や犬などのペットの毛
カビ
などがアレルゲンになります。

通年性の鼻炎の中には特にアレルゲンなどがなくても
症状が現れるタイプ
もあり

暖かいものを食べた時に鼻水が出るなどといった
温度差や睡眠不足などで症状が出る事もある
血管運動性鼻炎

鼻づまりの症状を押さえようと
点鼻薬を頻回に使うことで
鼻の粘膜に炎症を起こして鼻づまりの症状が悪化する
薬剤性鼻炎

風邪などでおこる急性の鼻炎を長引かせることで
慢性鼻炎に移行する場合もあります

花粉症と通年性の鼻炎の症状の違いは
花粉症は

「花粉が飛んでいる時だけ症状が出る」

通年性のアレルギー鼻炎
原因となるアレルゲンがある場合に症状が出る

という違いがあります。

ただどちらも鼻に出る症状は

  • ・鼻水
  • ・鼻づまり
  • ・くしゃみ

と共通しているので
病院で検査をして
何が原因で症状が出ているのかを調べないと正確にはわかりません。

また花粉症だと思っていて
通年性のアレルギー鼻炎だった場合
何がアレルゲンになっているのかが分からないため
アレルゲンを除去することが難しく
辛い症状がなかなか改善できないので

花粉症なのかそのほかの鼻炎なのか悩んでいる場合は
原因を突き止めるためにも
病院で検査をしてもらいましょう。

鼻炎が慢性化すると
中耳炎になったり
嗅覚に障害が出て食べ物の味が分からなくなったり
頭痛に悩まされたりすることも多いです。

花粉症であれば
室内に花粉症対応の空気清浄器

鼻水や鼻づまりは乾燥すると症状が悪化するので
加湿器などで湿度を調節していくことも
症状を緩和させるために役立ちます。

症状がひどい時は市販薬を活用する

症状が重い場合は、一時的に症状を和らげる抗ヒスタミン・抗アレルギーなどが含まれている内服薬や点鼻薬を活用しましょう。
鼻炎の種類によって効き目のある薬は変わってくるので、薬剤師に相談して購入することをおすすめします。
ただし、使いすぎると薬剤性鼻炎を発症する恐れがあるので、使用する際は適度を心がけてください

花粉症でもアレルギー性鼻炎の薬を飲んでも平気?

・鼻水
・鼻づまり
・くしゃみ

などの症状を一時的に緩和するために使われる薬は
アレルゲンが花粉なのかその他のものなのかは違いますが
体内に異物が入ってアレルギー反応を起こしているという
原因は一緒なので

症状を抑えるために使う薬の種類は
・抗ヒスタミン薬
・化学伝達物質遊離抑制薬
・血管収縮薬
・抗コリン薬
・抗炎症剤

などが共通して使われます。

一番多く使われている薬は
抗ヒスタミン薬ですが
副作用として
のどや口が渇く
眠気
などといった
仕事や勉強などに支障が出て困ることも多いです。

もちろん市販の薬で症状が緩和されるのであれば
それでもいいですが

市販薬は万人向きの穏やかな薬なので
2週間以上飲んでも効かないようであれば
病院で処方される薬の方が切れ味のいい薬が処方されます。

市販薬で一番注意したいのは
血管収縮薬が入った鼻のスプレー(噴霧薬)です。

これを使うとすぐに鼻づまりが解消されるので
1日に何度も使用するようになり
その結果鼻の粘膜が肥厚して厚くなり
薬剤性の肥厚性鼻炎になって
ますます鼻づまりが悪化してしまいます。

一方鼻炎の薬には漢方薬もあります。

通常の薬のようにすぐには効き目は期待できませんが
副作用の心配も少なく長期的に薬を飲むのが心配な方にはおすすめです。

おもに鼻づまりの症状には

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
葛根湯加川きゅう辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)
辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)

くしゃみや鼻水には

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

くしゃみ、鼻水が止まらない

などがあります。

漢方薬は様々な種類があり
鼻炎でも症状によって
選び方も変わってきます。

薬局やドラッグストアの薬剤師に相談すると
症状に合った漢方薬を教えてくれるので
相談してみてくださいね♪

スポンサードリンク

花粉症やアレルギー性鼻炎の体質改善はできる?

薬で症状を一時的に抑えることはできても
やはり根本的に体質改善をして治したい!というのが共通の望みですが
現代の医学ではアレルギー性鼻炎を完治させる治療法は確立されていません。

薬で症状を抑える対症療法ではなく
根本的に体質改善をして症状を緩和させたいと思っている場合は

免疫療法
外科的手術
その他の民間療法
などがあります。

免疫療法は体に人工的の免疫を作ることで
アレルギー反応を起こりにくくして
一種の体質改善をしようとする方法です。

花粉症であればその原因になっている花粉のエキスを
少しづつ注射や
舌下に入れて免疫を作るというものです。

インフルエンザの予防接種と原理は一緒ですが
この治療法の難点は
治療の効果が表れるまでにかなりの時間がかかり
花粉症の場合確実な効果が表れるまでに
約3年かかるといわれています。

アレルゲンの中でも
ハウスダストのチリやダニなら6か月くらいから効果が出始めますが

どちらにしてもすぐに効果が出るものではなく
確実に効果が出る人ばかりではないので
根気強く続けられる自信がある人かつ
症状の重い人に向いています。

手術療法

日常の生活が困難になるほど症状が重い場合は
粘膜を焼く手術をするという選択もあります。

ただし永久的に根治するものではなく
鼻の粘膜が再生されて再発することも多いです。

もっと簡単に気軽にできる対策としては

  • 甜茶や紅ふうきなどのお茶
  • しそ
  • ポーレンリフ

などがおすすめです。

一つづつ説明しますね!

甜茶
抗アレルギー作用があるGODポリフェノールという成分が含まれていて
花粉シーズンの約1か月くらい前から飲み始めると症状が抑えられる効果があるとされています。

ポイントは症状が出る前から飲み始めるという事です。

独特の甘みがあり苦手な人も多いようですがサプリもあるので
花粉症と分かっている方なら早めに飲み始めてはいかがでしょうか。

しそ

しその効果や効能などはこちらでも詳しく説明していますが
しそには、アレルギーの症状を抑える働きを持つαリノレン酸や
原因物質を抑えるルテオリンや抗炎症作用のあるロズマリン酸が含まれていて
症状の緩和が期待できます。

ポーレンリフ
ポーレンリフは効いたことがない人も多いと思いますが
6種類の花粉が入った

「花粉食品」です。

日本ではあまりなじみがないですが
花粉症だけでなく様々なアレルギー疾患にも優れた効能があるとされ
注目を浴びている食品なんです。

妊娠中、授乳中、赤ちゃん、免疫力が低下している方でも
副作用がなく安心して摂取出来て

症状が重い人もかなり軽減されたという方もいるほど。

ただ難点はちょっと金額が高いというところですね。

それでもアレルギーだけではなく様々な体の不調を体質改善したいという方には
おすすめですよ!

まとめ

鼻の症状がひどいと
それに伴って頭痛や
頭がボーっとしたりと不快な症状も多いです。

アレルゲンによっても対策は変わってきますので
花粉症化鼻炎か悩んでいるなら早めに病院でまずが原因を突き止めてくださいね。

薬でも違う対策でも

「早めに開始する」

事が症状を悪化させないポイントですよ!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。