ノロウィルスに子供が感染 潜伏期間や経路は?家族への感染予防は?

嘔吐

子供がノロウィルスに感染しちゃったけど
家族に移ってる可能性は?潜伏期間はどのくらい?

冬になり寒くなると猛威を振るい始めるノロウィルスは
その強力な感染力であっという間に
感染が広がります。

子供が感染した場合
すでに感染してしまっている可能性
もあります。

症状が出ていなくても感染している可能性もあるので
しっかりとした対策が必要になってきます。

今回は

家族にノロウィルスに感染した人がいる場合同居している家族に感染する可能性
感染していた場合の潜伏期間や感染経路
家族への感染の予防方法

をお伝えします!

スポンサードリンク

ノロウィルスに子供が感染 家族の潜伏期間は?

潜伏期間はノロウィルスが体の中に入っているけど
まだ症状が出ていない状態のことを言います。

ノロウィルスの潜伏期間は
ノロウィルスが体内に入ってから約1~2日以内とされていて
潜伏期間は比較的短いです。

潜伏期間を終えると

嘔吐や下痢、微熱などの症状が現れます。

残念なことに現時点ではノロウィルスを発症してしまった場合は
効果のある治療薬や予防薬はなく
ウィルスが外に出るのを待つしかありません。

嘔吐や下痢の症状は2~3日で治まりますが
症状が治まってからも体内にはウィルスが残っているため
家族への感染のリスク
は残っています。

特に便の中には長いと2~3週間ウィルスが排出されるので
症状が治まってからも感染防止策が必要になってきます。

初めは微熱が出る事もあり
風邪かもしれないと勘違いしてしまうことも多く
消毒などの対策をしっかりと行わないことで
感染が拡大してしまうこともあります。

周りに一人でもノロウィルスにかかっている人がいて
嘔吐と下痢の症状
があったら
まずはノロウィルスの感染を疑って
外出を控えましょう。

家族に感染者が出た場合は
まず自分もかかっている可能性があることを前提に
対策を行っていきましょう。

ノロウィルスの効果的な消毒方法についてはこちらをご覧くださいね。

ノロウィルスの消毒の方法 手のやり方は?家族の入浴で感染する?

ノロウィルスの感染の経路は?

周囲でノロウィルスが流行しだすと
いつ我が子や自分にも感染してしまうのではないかとビクビクしてしまいますよね。

ノロウィルスの感染力は非常に強く
インフルエンザなどのウィルス感染が起きるためには、
億単位のウィルスが体内に入る必要があるのに対し

ノロウィルスは、たったの数百で感染が起こります。

感染力が非常に高いため感染を100%防ぐことは不可能ですが
少しでも感染のリスクを減らすために
どのような経路での感染が多いかを確認して
感染のリスクを少しでも減らせるようにしておきましょう。

一番多い感染経路は

「手」です。

感染者が嘔吐した吐物や便を処理した後の
手の洗い方が不自由分であったり
ウィルスが飛び散った場所を触ってしまうことで
人の手を介して口からウィルスが入ることによって感染します。

手を介してどのように感染していくかを順番にご紹介します。

料理

まず料理を作る側の手

もちろん料理を作る前にしっかりと手を洗うことは前提ですが
食材にも注意が必要です。

スーパーなどで買う野菜にウィルスが付着している可能性もあります。
食材なども誰が触れたのかわからないので
ノロウィルスが流行っている時期には生ものの摂取は避けて
しっかり野菜を洗うだけではウィルスは残ったままなので

「完全に火を通したもの」

を食べるようにするとベストです。
(ノロウィルスは熱に弱いため)

食べる時

食べる前にしっかりと手洗いを行って
食事に使う食器やスプーンやお箸なども熱湯消毒をしたものを使うようにしましょう。

手で直接触れるもの

たとえばパンとかお菓子などはなるべく避けた方が無難です。

あとは口に直接手を触れないように気をつけるのも大切です。

小さいお子様などはすぐに口に手を持っていってしまうので
こまめに手洗いをしてあげましょう。

神経質なようですが
このくらい徹底的にやっても
ほんの少しのウィルスで感染してしますので
家族にノロウィルスの感染者が出た場合は参考にしてくださいね。

生や加工が不十分な二枚貝

ノロウィルスに感染した人の嘔吐物や便は
下水を通して海や川へ流れます。

そのウィルスが入った海水を牡蠣などの二枚貝に入り込んで
その貝を食べることで感染します。

ノロウィルスは熱に弱いので
完全に火を通したものであれば大丈夫ですが
火の通し方が不完全であったり
生のものだと感染のリスクがあります。

嘔吐物や便からの飛沫感染

嘔吐物や便が飛び散ってその中のウィルスが口から入ってしまうことで
感染を起こします。

空気感染

嘔吐物や便を完全に消毒せず拭き残しがあると
乾燥したウィルスが空気中に漂って
その空気を吸い込むことで感染を起こします。

冬は乾燥が激しいため正しい消毒を行うことが大切です。

周囲や家族に感染者がいる場合は
上記のことに注意するようにしてくださいね。

スポンサードリンク

ノロウィルスの家族への感染予防の対策は?

ここでは家族にノロウィルスの感染が起こった場合
家族が家で行える感染予防の対策をお話しします。

手洗いとうがいを徹底的に

感染した家族を含め手洗いとうがいをこまめに行いましょう。
家の中のものをすべて消毒することはとても難しく
消毒していないものをふれてしまっていることは必ずあるものです。

そのため経口からの感染を予防するためにも
食事やトイレ後はもちろん
何かに触れたら手を洗うくらいにこまめに洗うことが大切です。

手洗いの正しい方法についてはこちらをご覧くださいね♪

ノロウィルスの消毒の方法 手のやり方は?家族の入浴で感染する?

湿度を保つ

空気の乾燥はのどの粘膜の免疫機能が低下して
風邪だけではなくノロウィルスにも感染しやすくなります。

加湿器を使って部屋の湿度を40~60%に保つようにしましょう。

家でもマスクを

嘔吐物をふき取ったつもりでも残っていると
空気中にノロウィルスが漂って空気感染するリスクもあります。

ノロウィルスを吸い込まないためにも
おう吐物の処理以外にもマスクをつけることで感染のリスクが軽減されます。

まとめ

ノロウィルスの潜伏期間は短いので
家族に感染者がいる場合家じゅうで感染してしまう可能性は高いです。

完全に感染を予防することは難しいですが
いざという時に困らないためにも
感染予防の手洗いうがいなどは
普段から習慣化するようにしてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。