口内炎が痛い時の対処法 食べ物で効果はある?食事のおすすめは?

舌

口内炎が痛くてなんとかしたい!

口内炎は一度くらい誰でも経験があると思いますが

口内炎ができると食べるのも辛いし
そんな時に限ってそこをかんでしまったりして飛び上るほど
痛い・・

そんな経験あなたもありませんか?

できた場所によっては食べるのもしみたりして
憂鬱な気分になりますね。

特に繰り返しよく口内炎になるという人は
口内炎になる原因を知ってその原因を取り除くことが一番です。

今回は
口内炎が痛くて辛いときの対処法と原因
栄養が原因で口内炎ができる時の摂りたい食べ物
口内炎が痛い時でも食べられる優しい食事

についてご紹介します。

スポンサードリンク

口内炎が痛いときの対処法と原因

一口に口内炎といっても原因はいくつかあります。

口内炎ができる原因

1・外的な刺激によるもの

歯や歯の被せものがかけたりして口の中を傷つけてしまったり
固いものを食べた時に傷ができたしまう
熱いものを食べてやけどをしてしまう
舌や唇を歯でかんでしまった時
固い歯ブラシで口の中が傷ついてしまう
歯磨き粉の成分が刺激となって炎症が起こる
鼻づまりなどが原因で口呼吸になって口腔内が乾燥して炎症が起きる

2・栄養の偏りによるもの

口内炎は栄養が不足しても発生しやすくなります。
特にビタミンB2が不足すると口内炎が発生しやすくなります。
ビタミンB2は粘膜の保護や粘膜の健康を維持するのに必要ない要素の一つです。

3・口腔内の不潔によるもの

虫歯や歯周病があって口の中に細菌が多い時にも
口内炎が発生しやすくなります。

4・疲労やストレス

疲れていたり睡眠不足や風邪などで
体力が低下して免疫力が落ちると
粘膜も荒れやすくなります。
その結果胃粘膜に起こる胃潰瘍や
口の粘膜が荒れて口内炎の原因になります。

痛い時の対処法

1・外的な刺激が原因の場合にはまず原因を取り除く

たとえば歯の一部があたって口内炎ができている場合などは
そのあたる個所を歯科で治療することが先決です。

歯があたっている場合はその原因を取り除かない限り
口内炎は治らず長期的に潰瘍ができたままにしていることで
最悪の場合ガンに移行してしまうこともあるので
早めに治療しましょう。

2・刺激を避ける

口内炎ができている間は辛い刺激のある食べ物や
熱いものは避けるようにしましょう。

3・口内炎ができている時にはまず口の中を清潔に保つ

できている個所によっては歯磨きがつらい時もあるので
そのような時はできているところを避けて歯磨きをして
イソジンなど抗菌・殺菌作用のあるうがい薬で
うがい
を念入りに行うと効果的です。

4・塗り薬やパッチを使う

通常の口内炎であれば1~2週間で治まってきます
その間痛みを我慢しているのは苦痛ですよね。

そんな時には市販の薬やグッズを上手に活用しましょう。

ケナログは病院などでも使われている代表的な塗り薬です。

食事時に塗り薬を塗るのに抵抗があるという場合は
パッチを貼るのもおすすめです。

口内炎は通常1~2週間で治るものですが
2週間以上治らなかったり
口内炎が広がってきた場合や
発熱などがある場合はほかの病気
のことも考えられますので
そのような時は病院に行って受診するようにしましょう。

次は食生活で口内炎の予防に有効的な食べ物をご紹介しますね。

口内炎の食べ物で効果があるものは?

ビタミンB群は8種類のビタミンがあり

ビタミンB1
B2
B6
B12
ナイアシン
パントテン酸
葉酸
ビオチン

があります。

その中でもビタミンB2は
皮膚や粘膜を保護する役割があり不足すると
口内炎ができやすかったり
治りにくくなってしまいます。

でもビタミンB2だけを多くとればいいのではなく
ビタミンB群をバランスよくとることで
お互いの相乗効果でその効果を発揮
します。

ビタミンB群の中にはどのような食べ物があるのか見てみましょう。

ビタミンB1・・玄米・胚芽米・豚肉

ビタミンB1を効率よくとりたいなら穀物からの摂取がおすすめです。
白い生成されたお米よりも玄米や雑穀米などを普段の食事に入れていけば
無理なく摂取出来ます。

 


ビタミンB2
・・ウナギ・レバー・納豆・卵・牛乳ふつうのお米に混ぜるだけなので簡単です。

納豆や卵なら毎日の朝食などでも食べることができますね。

ビタミンB6・・マグロ・さんま・牛レバー・バナナ・ナッツ

ビタミンB12・・牛・豚のレバー・牛乳・魚

ナイアシン・・カツオ・ブリ・サバ・インスタントコーヒー

パントテン酸・・牛乳・卵

葉酸・・小松菜・ホウレンソウなどの緑黄色野菜・レバー・マッシュルーム

ビオチン・・マイワシ・ししゃも・ピーナッツ・えごま・卵・レバー・のり・昆布・納豆・大豆

ビオチンはあらゆる食材に多く含まれているので
普通の食事をしていれば不足する心配はないといわれています。

でもビタミン2は体内で蓄積ができない
ストレスやお酒の飲みすぎなどで
すぐに消費されやすいビタミンなので

こまめに食事で摂取できれば一番いいですが
忙しい現代社会の中ではバランスよく食事することが難しい人も多いと思います。

そんな時には気軽に取れるサプリ等を活用して不足している
ビタミンB2群を補ってあげるといいですね。

スポンサードリンク

口内炎を防ぐ食事のおすすめは?

口内炎は口の中の粘膜が損傷している状態なので
できるだけ刺激を与えない食事をすることが大切です。

避けた方がいいものには

  • ・アルコール
  • ・たばこ
  • ・香辛料
  • ・炭酸飲料

などは刺激が強いので控えるようにしましょう。
他にもおせんべいなど硬いものはやめたほうがよさそうです。

食事は固いものは避けて
なるべくやわらかくて
熱くないもの
が食べやすいです。

いくつか簡単にできる
おすすめの食事をご紹介しますね!

・卵と鮭のおじや
おかゆに卵を混ぜて鮭フレークを入れれば
おじけないおかゆよりもおいしく食べられます。

ただしよく冷ましてから食べてくださいね。

・だし巻玉子やオムレツ

オムレツに粉チーズを入れれば
風味も増しておいしいですよ。

・そうめん

そうめんをゆでて軟らかく煮た大根などを入れた
おみそ汁などに入れるとのど越しよく食べられます。

・ポタージュにやわらかく煮たパスタやマカロニや野菜を入れたもの

ポタージュを作るのが大変な時は
缶詰などを利用するのもいいですね。

そこにやわらかく煮た
ジャガイモや人参などの野菜やマカロニなどを入れれば
栄養価も食べ応えもあります。

まとめ

いくら1~2週間で治ることがわかっていても
食事をしないわけにはいかないし
痛みををそのままにしておくのは辛いものなので
できる対処法をしていきましょう。

長引く口内炎は体の不調を訴えるサインかもしれません。
続く場合は医療機関を受診してくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。