妊娠中の食べつわり対策 おやつで低カロリーは?深夜に空腹の時は?

つわり

食べつわりで何か食べないと気持ち悪い・・でも体重が・・・

妊娠に喜んでいたのもつかの間
空腹になると気持ちが悪くて
日に日に増えていく体重・・

私も食べつわりでした。。。

でも通っていた産婦人科の優しい助産師さんに泣き付いて
いろいろ教えてもらって
何とか乗り切ることができたんです

食べつわりは好きなだけ食べていると
びっくりするくらいのペースで体重が増えます。

体重が増えるだけではなく
妊娠中毒症や妊娠性糖尿病、難産など
ママにとっても赤ちゃんにとっても
危険なリスクが伴うこともあります。

そこで今回は

助産師さんに教えてもらったおすすめの

食べつわりの時の対策
低カロリーで体にやさしい妊娠中のおやつ
深夜に空腹で目が覚めた時の対処法

をお伝えします♪

スポンサードリンク

妊娠中の食べつわりの対策は?

つわりの原因というのは実は現代医学でもはっきりと分かっていません。

食べつわりで食べないと気持ちが悪くなる原因の一つとして考えられているのは

血糖値が下がって気持ちが悪くなる

ということです。

おにぎりやパンなどの炭水化物や
甘いお菓子などは急速に血糖値が上がる
ため
つい無意識に食べたくなってしまいますが

血糖値を上げやすい食べ物は
血糖値の調節能力を不安定にさせやすく
母体には結構負担がかかっているんです。

また膵臓の機能が弱っていたりすると
甘いものや炭水化物などを
無意識に体が欲する
こともあります。

特に妊娠中は赤ちゃんに栄養分がとられるので
ママの体の機能は普段よりも負担がかかりやすく
機能も弱くなりがちです。

食べつわりの対策として

主食は白米や白い食パン、白砂糖など精製されたものは血糖値が上がりやすいので避けるようにして

雑穀米や玄米、パンならライ麦パンや黒パン
砂糖の代わりにアガべシロップや黒砂糖など精製されていない食品を選ぶようにすると
急激な血糖値の上昇を抑えることができて膵臓にも負担が少なくて済みます。

またこのような主食はしっかり噛むことで
食べ過ぎを抑えることができ
腹持ちもいいので食べつわりの時にはおすすめです。

あとは食事を3度と決めるのではなく
1回の食事量を減らして数回に分けて食べるのも効果的です。

たとえば

1杯のご飯を3つのおにぎりにして
ちょっとお腹がすいてきたら食べるようにすると
急激な血糖値の上昇も防げます。

食べつわりの時に太りやすい食べ物は

  • 炭水化物
  • 糖分
  • 揚げ物

などです。

炭水化物や糖分を摂りすぎると
代謝をするためにビタミンB群を消耗して
カロリーをエネルギーとして燃やせなくなって
太りやすくなります。

産後は母乳を増やす元となる炭水化物を増やす食生活になりますが
妊娠中はたんぱく質を多めにして炭水化物は控えめにした方が体重増加予防になります。

でも食べたいという衝動に駆られた時には
生野菜を洗ってタッパーに入れて常備して
お腹がすいたらノンオイルドレッシングをかけて食べるようにすると
意外と満腹感が得られますよ。

妊娠中のおやつで低カロリーでおすすめなものは?

妊娠中のおやつとして助産師さんから勧められたのが

ダイエット食品

です。

とっても意外だったのですが
あくまでも食事をしっかりとった上で
空腹時のおやつとして甘いものが食べたくなった時には
カロリー的にも栄養バランス的にも優秀なおやつ
なんですよ

と言われたんです。

そしてダイエット食品は
低カロリーな上に
妊娠中に悩まされる便秘にも効果的なものが多いので
まさに妊娠中のおやつとして最適です。

もちろん食事が食べられなくなるくらい食べすぎるのは厳禁ですが
糖分たっぷりの甘いお菓子を食べるくらいなら

種類も豊富なダイエット食品をおやつとして食べるのはいかがでしょうか?

おからクッキーは噛みごたえもあって
満腹感も得られておすすめです♪

あと甘いものがほしいときには、私は甜茶を飲んでいました。結構甘さを感じるので案外満足できましたよ。

スポンサードリンク

妊娠中に深夜に空腹で目が覚めた時は?

妊娠中は夜中に空腹で目が覚めて寝られなくなったりすることも多いものです。
そんな時は我慢していても余計に気持ち悪くなったりすることもあります。

夜中に空腹で眠れない時には

  • 野菜スープ
  • ホットミルクや豆乳
  • 自然の甘みがある甜茶
  • 玄米甘酒

など

なるべく固体ではなく
胃腸に負担のかからない液体
を選ぶようにするのがポイントです。

野菜スープなどは夕食などに多めに作っておいて
温めるだけで飲めるようにしておくと便利です。

逆に夜中に食べない方がいいものは

果物やお菓子

など糖分の入ったものは体重増加の原因になるので避けるようにしましょう

まとめ

今回は食べつわりの対策として
助産師さんから教えてもらったおすすめの方法をご紹介しました。

妊娠中はホルモンバランスも大きく変わるので
自分でも思いもしなかった症状が出ることもあり
食べつわりもその一つです。

食べつわりで体重増加に悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。