革のバッグの手入れで汚れやカビや臭いを取る方法 クリーニングは?

革

革のバッグに汚れが付いた時のお手入れ方法は?

革のバッグは上手なお手入れをしていくと
長く使うことができ
独特の色や味が出て愛着がわいてくるものですね。

今回は革のバッグのお手入れ方法
カビや臭いを取る方法
クリーニングについてご紹介しますね。

スポンサードリンク

革のバッグの手入れ 汚れを落とすには?

革のバッグのお手入れには専用のクリームやオイルが必要だと思っている方も多いですが
身近にあるものできれいにお手入れできる方法をご紹介しますね。

革のバッグの汚れ落としやお手入れに
とっても便利で役に立つのが

バナナの皮

なんです。

バナナの皮の裏の白い部分
バッグの皮を丁寧にこするように磨いていくと
驚くほどきれいになります。

その後は乾いた布できれいにふき取ればOK.

革のバッグはタンニンでなめしているのですが
バナナの皮にもタンニンが含まれているので
磨くことで同じような状態になります。

クリームの代わりにもなるものとは?

革のバッグや靴は革の種類によっていろいろなクリームを用意しなければ
メンテナンスが出来ないと思われがちですが

家にあるものでも簡単にお手入れできる方法があるのでご紹介しますね。

革の普段のお手入れに便利なのが

牛乳

です。

お手入れ方法は
木綿の柔らかい布に牛乳を染み込ませて
よく絞ってから革をやさしく拭きます。

そのあと乾いた布でからぶきをします。

牛乳に含まれる水分で汚れを落として
牛乳の脂肪分が革の表面をきれいにコーティングしてくれて
革本来のつやが出てきますよ。

革のバッグのカビや臭いに効果のあるものとは?

革のバッグを新しく買った時って
独特の革のにおいが気になりますよね。

そうするとバッグの中身にも臭いが移ってしまうのも嫌なものです。

そんな時革の独特の臭いを消すのに便利なアイテムが

石鹸

なんです。

小さな石鹸をガーゼやティッシュなどでくるんで
バッグの中に入れておくだけで
嫌な臭いが取れるので試してみてください♪

革のバッグにカビが生えた時の対処法は?

しばらく使っていないバッグを取り出したらカビが生えていた

っていうことは意外とよくあることです。

ここでは私が試してカビがきれいにとれた方法をご紹介します。

1・初めにバッグについたカビを乾いた布でふき取ります。

2・サドルソープという革専用の石鹸があるので
湿らせたやわらかめのスポンジでカビの生えた部分をクルクル回すようにして落としていきます。

サドルソープは靴屋さんなどでも売られています。

3・表面に汚れやカビが泡と一緒になって浮いてくるので
それを乾いた布でふき取ってから、風通しの良いところに半日以上陰干しします。

4・川が乾いたのを確認して、仕上げに牛乳で磨いてから乾いた布で乾拭きして終わりです。

革のバッグの保管方法

カビを生やさずにきれいな状態でバッグを保管する方法ですが
基本的には風通しの良い場所に通気性の良い布にくるんで
バッグを積み重ねないようにして縦か横に置いておきます。
ふたのない段ボールに入れておくのもOKです。

バッグを買ったときについてくる布製の保存袋などは
通気性もよく保存に適しているのでとっておくと便利ですよ。

中に新聞紙を入れる方もいますが
新聞紙のインクが色移りするリスクもあるので
印刷された紙は使わないほうが無難です。

カビが好むのは湿気です。
カビを防ぐには風通し、換気が十分されている環境にバッグを保管するのがベスト。

一緒に竹炭を置いておくと水分を吸収して、カビ対策にもなります。

スポンサードリンク

革のバッグのクリーニングは自宅でできる?

革製品のクリーニングは結構高いですよね。

バッグだとものにもよりますが1回3千円くらいからというところが多いようです。

革ジャンなんかだと1回1万円近くも取られたりします。

結構お金もかかるので私は自宅でやっています。

こちらはかなり重宝しています。

洗剤にしてはちょっと高いんですが
革のジャケットや革製品全てに使用できて
仕上がりもよく助かっています。

革製品をたくさん持っているならあると便利かもしれませんね。

まとめ

今回は革のバッグのお手入れ方法についてご紹介しました。

専用のグッズがなくても
身近なものでも手入れができるので
まずは試してみてはいかがですか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。