ノートパソコンは姿勢が悪くなる?楽な椅子や机と首や肩の痛みの対処

ノートパソコン

パソコンしてると首や肩が痛くなる・・楽な姿勢でできる方法は?

パソコンを仕事や勉強などで自宅で長時間使うという人も増えてきて
何時間もパソコンに向かったままという人も珍しくなく
慢性的な首の痛みや肩こり、腰痛に悩んでいる人も少なくありません。

今回は
ノートパソコンだと首や肩こりがひどくなる原因と
ノートパソコンでも楽な姿勢で体への負担が少ない机や椅子の選び方
首や肩が痛い時 パソコンの合間にできる対処法

についてお話します。

スポンサードリンク

ノートパソコンだと姿勢が悪くなる原因

ノートパソコンは移動が気軽にできるメリットがある反面
画面の位置の調節の限界があるので

どうしても同じ姿勢でいる時間が多く
ノートパソコンの性質上
姿勢も前傾姿勢の猫背になりがち。

猫背であごが前に出て
背中が丸まっている状態でいると

首に負担がかかるだけでなく
首からつながっている、肩、背中にかけてある大きな筋肉の

僧帽筋

という筋肉が凝り固まって
緊張した状態になるので
血液の流れも悪くなって
肩こりや首の痛みが起こってきます。

また長時間画面を見続けることで眼精疲労も起こり
眼精疲労からも肩こりが起こってきます。

目の周りは薄い筋肉が集まっていますが
パソコンで目を使いすぎることで、筋肉への負担と血流が悪くなって
ひどくなると頭痛の原因にもなってきます。

眼精疲労を予防するために
目の負担が軽減できるパソコン用の眼鏡なども市販されているので
眼精疲労からくる肩こりへの対策として使ってみるのもいいですね。

自宅で長時間ノートパソコンを使う人は
パソコンをする時の正しい姿勢を知っておくことが
首や肩こりを軽減していくためには大切です。

あなたがパソコンをする時どんな姿勢で行っていますか?

これから質問をしていきますので
あてはまるものにチェックしてみてくださいね。

  • ・パソコンに向かっていると猫背になっている
  • ・足を組んだり組み替えたりすることが多い
  • ・画面と顔の位置が近い
  • ・机といすの高さが合わないと感じている
  • ・キーボードを打っていると腕が痛くなることがある
  • ・キーボードを打つ時肩が上がっている
  • ・椅子に座っていると足がだるくなる
  • ・椅子は首の支えはついていない
  • ・パソコンと体の向きがまっすぐの位置にない(体が斜めの状態)
  • ・体の位置が安定せずしょっちゅう体の向きを変えている
  • ・机の上のスペースが狭い
  • ・マウスが使いづらく手が疲れる
  • パソコンをしていると腕がしびれてくる感覚がある

いくつチェックが付きましたか?
チェックした数が多いほど
パソコンをしている時に体に多くの負担がかかっている状態
ですので

負担のかかる原因を取り除いていくことが
首や肩や体に負担がかからず
楽に作業をしていくためのポイントです。

体に無理な姿勢で負担をかけた状態が長く続くと

慢性的な首の痛みや肩こりに悩まされるだけではなく
頭痛や体の不調の原因にもなるので

これからも長期間パソコンを使っていく予定がある方は
早めにパソコンの姿勢と環境を見直してみることをおすすめします。

スポンサードリンク

次はノートパソコンを使っている方に理想の机と椅子をご紹介します。

パソコンの姿勢 楽にできる椅子やテーブルは?

自宅でパソコンをする場合
床に座った姿勢で操作するのか
机と椅子でやるのかにもよって選ぶものも違ってきますが

今回はノートパソコンを机と椅子を使う場合についてお話します。

こたつなどの座卓でパソコンを使いたい方はこちらをご覧ください。

こたつでパソコン 肩こりしにくい配置の方法とおすすめの座椅子は?

たまにしかパソコンは使わないような場合は
そこまで神経質になることはありませんが

長期間・長時間を前提にする場合
姿勢を楽に保てて体に負担のかからない机や椅子に投資をしていくのも
健康面を守っていくためには大事なことです。

辛い首の痛みや肩こりなどは
整体などに通っても一時的には解消されますが

自宅でパソコンに向かうと再び悪化してしまうようであるなら
根本的に原因を取り除くために
机や椅子を見直してみてはいかがでしょうか?

パソコン用の机や椅子は多く販売されていますが
ノートパソコンに特化して作られた

机と椅子をご紹介します。

それがこちら
まずは机

こちらが椅子

一見何の変哲もない机と椅子に見えますよね。

もともとデスクトップ型に比べて画面が小さく
画面の角度も大幅に変えられないノートパソコンは
長時間の作業には向いていない
とされています。

既存のパソコン用の机や椅子は
椅子がいい椅子でも

机の位置が合わなかったりして
ノートパソコンにはなかなか対応したものがありませんでした。

このShift
ノートパソコンをする時になりがちな前傾姿勢を改善するために

座ると自然に後傾姿勢になるように設計されています。

そうすることでパソコンと目の位置が適度な角度になって
目や首に負担がかからず楽に操作できる仕組み
になっています。

パソコンの環境に大事なのは
椅子だけではなく机も大切として
机に角度がつけられる工夫もしてあります。

机と椅子を一つのセットとして
ノートパソコンユーザーに最適な姿勢を保つために工夫がされている
ものなのでちょっとお値段は高めですが

ノートパソコンを自宅で快適に使いたいと考えている方は
検討してみてはいかがですか?

とはいえ・・
やっぱりかなり高価なものですよね。

もしも家にある机でノートパソコンを使いたいというときは
このようなスタンドもありますよ♪

首や肩の痛みの対処法 パソコンの合間にできる事とは?

いくらいい椅子や机を選んでも
毎日同じ姿勢で体を動かさない状態でいると
血流も悪くなって首や肩こりも原因
になります。

時々作業を中断して、簡単なストレッチをしていくだけでも
首が痛くなったり肩こりがひどくなるのを予防できますので
リフレッシュのためにも取り入れてみてはいかがでしょうか。

ここでは簡単にできるストレッチの方法や痛みがある場合の対処法をご紹介しますね。

簡単にできる肩こり解消ストレッチ

ストレッチというほど大げさなものではないのですが
同じ姿勢で凝り固まった背筋を伸ばすためには

背伸びのストレッチが有効です。

ストレッチは長時間同じ姿勢でいることで滞りがちな血行の循環を良くして
筋肉のコリの解消だけでなく
体が軽くなって気分転換にもなるので取り入れてみてくださいね。

やり方はとっても簡単

立って(座った状態でもできます)
両腕を上に伸ばし上に引っ張られるようなイメージで
グーッと伸びます。

これだけでも背筋が伸びたような感覚があると思いますが
この状態で体を横に倒すと体の横の筋肉も伸ばされて
マウスなどで疲れた腕も伸ばすことができます。

もう一つは座ったままできるストレッチ

頭の後ろで手を組んで
後頭部を前に押しながら
ゆっくり伸ばします。

今度は頭を手で支えながら筋肉が伸びているのを感じながら
左右どちらかにゆっくり倒していきます。

これだけでもずいぶん楽になって
後頭部から首筋にかけて楽になると思います。

首や肩が痛くなってしまった時の対処法

肩や首がこってきたなと感じたら
使い捨てのカイロを洋服の上から貼ると
温熱効果で血流がよくなって楽になります。

後は肩を温めるためのグッズも売られているので
活用するのもいいですね。

私はこれを愛用しています。

おわりに

長時間パソコンをするなら
デスクトップがいいとされていますが

持ち運びや家のどこでもできる気軽さは
やはりノートパソコンのメリットで
変えたくないという人も多いのでは?

ノートパソコンでも
できるだけ快適に使っていきたいものですね。

ノートパソコンを使っている方は参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。