花粉症の肌荒れはアトピーと関係ある?体質改善のための食べ物とは?

腸

花粉症でかゆみがひどいけどアトピーとは違うの?
体質改善できる食べ物ってある?

花粉症とアトピーはとても深い関係。

昔はアレルギー疾患が少なかったのですが
現代社会では乱れた食生活や
ストレスなどが原因でアレルギーを持つ人は珍しくありません。

体に出る症状を抑えるための対処療法は数多くありますが
アレルギー体質を根本的に解消していくためには
食生活を見直すことも大切です。

今回は

花粉症とアトピーとの関係
花粉症やアトピーを体質改善するために大切なこと
花粉症やアトピーを改善する食べ物

についてご紹介します。

こちらの記事では免疫力を高めることでアレルギー体質を改善していく方法をご紹介しています。

肘や膝の裏のかゆみはアトピーかも!子供のブツブツの原因や対策まとめ

スポンサードリンク

花粉症の肌荒れ アトピーにもなる?

私たちの体はもともと体に入ってくる異物を排除しようとする働きが備わっています。

例えば食べ物が気管支に入ったら異物を出そうと激しい咳が出ますし
目にゴミが入ったら涙が出ますね。

この時体が異物とみなすものを

抗原

その抗原を追い出すために体で作られる物質を

抗体

といいます。

そして体に入った抗原の情報を記憶する仕組みが

免疫

です。

この免疫によって同じ抗原が入ってきてもすぐに体から追い出そうとする働きをするので
同じ抗原が入ってきたらすぐに排除しようとする事ができて体を守ってくれています。

例えば
はしかやおたふく風邪にかかったら二度とかからないというのは
この免疫システムのおかげです。

でも

この免疫システムが悪い形で働くと
特定の食品や花粉、ハウスダストなど本来は異物ではないものに対しても
体が抗原とみなして免疫機能が働いてしまいます。

普通の人が卵を食べてもなんでもないのに
ある人にとっては卵を異物とみなして

じんましんや下痢などを起こします。

これがアレルギー反応で

アレルギーの原因になる物質をアレルゲンといいます。

花粉症は花粉
アトピーはハウスダストやダニ、ほこり

などアレルゲンは違っても
体が異物に反応して起こるアレルギー反応という原理は一緒です。

アレルギー反応はほぼ全身で起こり
反応する部分は違いますが

  • 気道で起こると気管支ぜんそく
  • 皮膚で起こるとアトピー性皮膚炎
  • 鼻で起こるとアレルギー性鼻炎
  • 目で起こるとアレルギー性結膜炎
  • 特定の食べ物で起こる食物アレルギー
  • 薬による薬アレルギー
  • 花粉による花粉症

などありとあらゆるものがアレルゲンとなって
アレルギー反応が起こります。

アトピーではないと思っていても
花粉の時期になると肌荒れが起こったり
肌のかゆみが増す
赤みが出るなどアトピー様の症状が起こることも珍しくなく

検査してみると実はアトピーだったという事もあります。

花粉以外でも同時にアレルギー反応が起こることもあるので
何に反応してアレルギーが出ているのかを検査してもらうことも大切です。

アトピーや花粉症を体質改善するためには?

腸は第二の脳

と言われるくらい
多くの神経細胞と免疫機能が備わっています。

花粉症やアトピーなどのアレルギー症状を改善するには
腸の働きを正常に保っていくことがとても大切になります。

ちょっと難しい話になりますが

免疫機能は体を外の外敵から守るシステムという事はさっきお話ししました。

そして免疫機能には大きく2つに分けられて

1つ目はがんに侵された細胞や
ウィルスなどを直接やっつける働きをする

細胞性免疫(Th1細胞)

2つ目は抗原抗体反応で
小さな分子の侵入を防ぐ

液性免疫(Th2細胞)

という2種類の免疫システムがあります。

この2つはバランスよく保たれていて
どちらかが優位になるともう片方は抑えられるという仕組みになっています。

でもこのバランスが崩れることで
体に不調
が起こってしまうんです。

液性免疫(Th2細胞)が活性化すると
免疫はたんぱく質に異常に反応して

喘息
アトピー
花粉症などの

アレルギー疾患にかかりやすくなります。

現代は液性免疫(Th2細胞)の活性が強く
細胞性免疫(Th1細胞)が抑えられやすくなっているので
アレルギー疾患の人が増えてきているというわけです。

液性免疫(Th2細胞)がなんで優位になっているのかというと
たんぱく質の過剰な摂取
中でも加工食品の粗悪なたんぱく質の摂りすぎがあげられます。

食べ物は小腸で消化吸収されますが

過剰に摂取されたタンパク質は
消化されないまま異種たんぱく質として大腸に送られて
悪玉菌のえさとなり

悪玉菌が異種たんぱく質を分解すると
毒性の強いガスが発生して
大腸の粘膜を傷つけてしまいます。

すると異種たんぱく質がそこから粘膜に侵入しようとするため
それを排除しようと大腸にある液性免疫(Th2細胞)が活性化され
その結果免疫システムのバランスが崩れて
アレルギー疾患を引き起こす原因
となってしまうのです。

こう考えてみると
腸内環境をよくすることは

私たちの健康にとても大切なことが分かりますね。

ここで自分の腸内環境はどうか簡単にチェックしてみましょう。

  • 便秘気味
  • 下痢をしやすい
  • 野菜はあまり食べない
  • 疲れが取れにくい
  • 便やおならが臭い
  • 生活が不規則
  • 肌荒れをしやすい
  • 油っぽいものが好き
  • 和食より洋食派
  • 風邪をひきやすい
  • ストレスが多いと感じている

・・・・・

いくつチェックが付きましたか?

9個以上・・腸がかなり悲鳴を上げている状態です。
      アレルギー疾患やすでに健康が害されている可能性が高いので
      今すぐ腸内環境を整えることが必要です。

6~7個・・腸のバランスが崩れかけています。
      食生活の見直しや適度な運動を取り入れて
      腸内環境を整えていきましょう

3~5個・・今は特に問題はありませんが、気を付けることで
      腸のバランスは保てます。生活主観で見直せるところは改善していきましょう

2個以下・・とても健康な腸です。このまま維持できるよう
      バランスのとれた食事と生活を続けていきましょう

多くチェックがついてしまったという場合でも

大丈夫です^^

食生活を見直すだけで腸内環境は整えることができるので
今日から食生活を見直していきましょう。

オリーブオイルの効能って?便秘への効果とおすすめの飲み方

次は現代病であるアレルギー体質を改善するための食べ物についてご紹介します。

スポンサードリンク

花粉症やアトピーを改善する食べ物は?

腸内環境を良好に保って
アレルギー体質を改善する食事で大切なポイントとして5つあります。

  • 1・免疫細胞を強化するために欠かせない良質のたんぱく質をとる
  • 2・食物繊維をたっぷりとること
  • 3・きのこ類を1日1回は食べる
  • 4・ぬめりがある海藻類を食べる
  • 5・発酵食品を積極的に取り入れる

◆良質のたんぱく質をとる

良質なたんぱく質は



大豆
大豆加工食品

などです。

ソーセージやウィンナーなどは食品添加物がたくさん入っているので
できる限り摂取は控えた方がベターです。

◆食物繊維をたっぷりとる

食物繊維は腸内の老廃物を絡めながら便の量を増やして
腸管を刺激して便の排出を促します。

ゴボウやレンコンなどの根菜類や
穀物や豆などにも多く含まれています。

◆きのこ類を1日1回はとる
きのこに含まれるβグルカンは免疫機能を正常にする他
抗アレルギーの成分
がたくさん含まれています。

◆海藻類やヌメヌメした食材を多くとる

海藻などのヌメリの成分はフコダインと言って
腸内の細菌をきれいにして腸内の免疫力を高め
アレルギー症状を抑える働きがあります。

◆ 発酵食品を積極的にとる

納豆やヨーグルト、ぬか漬けやキムチなどの発酵食品は
ガンや病気を攻撃するのに重要な役割をしている
細胞性免疫(Th1細胞)を増やす役割を持っています。

その結果細胞性免疫(Th1細胞)と液性免疫(Th2細胞)のバランスが整ってきます。

上記にあげた食品を意識してとるように心がけていくと
腸内環境が整って
アレルギー体質の改善につながります。

あとこれ以外にも花粉症の肌荒れやその他の症状に効果的な食べ物をご紹介しますね。

●しそ

しその効果効能についてはこちらでもご紹介しています。

しそジュースのおいしい作り方 効能、保存方法や賞味期限もこれでOK

しそジュースのクエン酸の効能!アトピーや花粉症にも!時期以外は?

しそに含まれているルテリオンが過剰な免疫反応を抑えて
アレルギーの改善に効果を発揮
するとてもうれしい食材です。

独特の香りが苦手だという方はサプリ等で摂取してもいいですね。

●れんこん

アレルギー疾患の人は体で作られるIgEという抗体が
通常の人より多く作られて、異物が入るとIgE抗体が過剰に反応して
ヒスタミンという炎症物質が放出されアレルギーの症状が起こります。

レンコンはIgE抗体の抑制効果が高く
炎症を抑えるタンニンという成分も含まれているので
花粉症の方にはうれしい食材です。

加えて食物繊維やビタミンCも豊富でレモンと同等の含有量があります。

●玉ねぎ

玉ねぎに含まれているケルセチンはポリフェノールの一つで
抗酸化作用が強く、悪玉の活性酸素の発生を抑えてくれます。

玉ねぎを炒めると甘みが増しますが
これはオリゴ糖が増える
からなんです。

オリゴ糖は腸内環境を整えるのに有効な成分で
砂糖やブドウ糖は小腸で消化吸収されてしまうのに対して

オリゴ糖は大腸まで届いてビフィズス菌などの善玉菌を増やしてくれます。

玉ねぎを茶色くなるまで加熱すると
メラノイジンという成分が作られて悪玉の活性酸素を抑えてくれる働きもしてくれます。

家に常備してある身近な玉ねぎは実は優秀な食材だったんですね。

●ヨーグルト

腸内環境をよくすることがアレルギー疾患を改善していくためには大切だとお話してきましたが
ヨーグルトは腸内環境をよくするための善玉菌が豊富に含まれている食材の代表です。

毎日200gを目安に摂取して2週間食べていくと
便の状態も変わってくると思うので
試してみてください。

アレルギー疾患の改善のためには最低でも一年間は続けて摂取することをおすすめします。

ホットヨーグルト

ヨーグルトは温めて食べることで
乳酸菌の細胞壁が変化して
腸内の善玉菌を活性化させるのに効果的です。

ヨーグルトを温めると酸味が増して食べづらいという人もいるので
カレーなどに入れたり
オリゴ糖をかけて食べると食べやすくなります。

カイテキオリゴ

オリゴ糖に関してはこちらでもご紹介しています。

子供の便秘 解消法 薬に頼らず効果のある食べ物と対処法

まとめ

アレルギー体質を改善していくには
毎日の生活習慣や
食生活を改善していくことが大切です。

意識するだけでも変わってきますので
取り入れられることから始めていけるといいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。