小学校の担任と合わない時は相談する?解決しない時は苦情は誰にする?

生徒

この先生大丈夫かな?

4月になり新しいクラスの担任が変わる時は
親としては

どんな先生かな?

としばらくは不安なものです。

ましてや
担任が変わってから
以前より元気がなくなったり
学校へ行きたがらなくなったりした時

とっても心配ですよね。

そんな時親としてはどのような行動をしていけばいいのでしょうか。

子供のSOSを見逃さないためにも
担任の先生との関係をそれ以上悪化させないためにも

よりスムーズに解決していく方法を知っておきたいですね。

今回は担任の先生が合わないと感じた時の

私の経験も合わせて
対処方法についてお話します。

スポンサードリンク

学校の担任と合わないと思った時には?

新しい担任が決まって

ホッとする場合と
そうでない場合があります。

普段からあまり評判のよくない担任に当たった時には
これからの一年が暗く感じてしまうものです。

ただ評判や先入観だけで決めつけてしまうと
いい部分も見えなくなることもあります。

実際あまり評判は良くないと思っていても
毎日子供が楽しく学校へ通っている事も意外と多いです。

ただ客観的に見てどうしても
担任の先生のやり方や言動に具体的な問題がある場合

また子供も嫌がっているという場合は
この先1年間も我慢して学校生活を送っていくことは
子供にとっても大きなストレスになりますし

学級崩壊不登校になるという事もあります。

具体的な問題の代表としては

  • 暴言・暴力と同等の言葉づかいをする
  • 明らかなえこひいきや差別がみられる
  • 指導が厳しすぎて明らかに度を越えている
  • 命令するような言動がみられる
  • 勉強の進みが極端に遅れている
  • 指導力や統率力がなくクラス全体の雰囲気が乱れている
  • 配慮がない発言がある
  • コミュニケーションをとろうとしない

このような時親として
事実を確認して
担任に要望を出すという事もできます。

子供とコミュニケーションが取れず
人間関係を形成できない
満足に授業ができない

など教育者として問題がある場合には

指導改善研修を受けるいわいる

再教育

になる場合もあります。

ただ注意したいのは

感情だけでぶつかってしまうと
関係がこじれてしまい
ますます状況が悪化してしまう原因

になったり

100%子供の意見が正しいとは言い切れない場合もあるので

そのようなことを防ぐために
同級生の親たちと話し合いの場を作って

自分の子供だけではなく周りの子供の状況も把握しておくと
冷静に状況を把握する事ができると思います。

明らかに担任の言動がおかしいと感じた場合は
まず事実を冷静に理解していくことが大切です。

子供が多少担任に不満があるという程度なら
これから先の社会生活のためにも

先生のいいところを見つけていけるようにさせ
我慢しなければいけないこともある

というのもこれからの人生を生きていくための経験になることもあります。

ただあまりにも理不尽でこのまま黙っていることが
子供のためにならないと感じた時には
思い切って行動を起こすことも必要です。

そのような時は
まずは思い切って担任と話し合ってみましょう。

次は担任と話し合いをしていく時の注意点や
ポイント
をお伝えします。

小学校 担任 話し合い

クラス全体に影響するほどの問題があるような場合には
同じクラスの同じ思いを持つお母さんたちと
話して問題点を明確にして
お母さんたち何人かで担任と話し合うというのも
一つの方法
です。

個人的な問題の場合は
連絡帳面談で担任と話をしてみましょう。

注意点として

一方的に担任を攻めるという事はしない

「子供がこのように感じているようなのですが
先生はどう感じていらっしゃいますか?」

という具合に

まずは担任側の考えを聞くような形にするといいと思います。

というのも

子供から


「担任の先生が嫌い」
「こんなところが嫌だ」

と言われると

親としては当然心配になり
このまま放っておいてはいけないと心配になり
すぐに担任に抗議をしに行きたくなる場合もあると思います。

ただ子供の話だけを一方的に信じてしまう事で問題も生じてきます。

子供はちょっとしたことを大げさに取ってしまったり
誤解をしている事も少なくありません。

なのでいきなり担任を攻めたり糾弾するという事は
問題解決のためにはメリットはなく
かえって事態が悪化する可能性の方が高いので

あくまでも担任側の考えをまずは直接聞くという姿勢が大切です。

担任がどのような考えがあって
そのような行動をしているのか
真実を知ることが
大切です。

スポンサードリンク

小学校の担任の苦情はどこに伝える?

担任と話してもトラブルが解決されない時には
学年主任副校長先生などに話を持ちかけ

相談に乗ってもらいましょう。

担任との話し合いで解決できなかったことも
他の先生の客観的な意見や
アドバイスによって

問題が急速にいい方向へ向かう事もあります。

それでも解決しない場合には

校長先生に相談します。

校長先生に相談するときの目安として

  • 担任とこじれて話し合っても解決する兆しがない
  • 暴言やセクハラ、体罰
  • その他著しく担任としての能力や
    人間的資質に問題がある場合
  • 学級崩壊やいじめなど担任だけでは解決できない時
  • その他学校全体の問題として取り組む必要がある時

校長先生は学校の最高責任者であり
先生方を管理・監督する立場です。

保護者からの訴えに対しても
何らかの対処を考えてくれるはずです。

ただ校長先生と話をする場合になった時の注意点として

直接校長先生にいきなり連絡をするのではなく
まずは担任を通して、校長先生と話をしたいことを伝えましょう。

親としては問題を起こしている担任に対して、
校長先生と話したいと伝えるのは言いにくいことかもしれませんが

「告げ口」

という形になるのは避けるべきです。

さらに校長先生と話し合いをしても解決しないような
深刻な問題の場合
最終的な手段として

教育委員会

へ相談する方法もあります。

ただし何でもかんでも教育委員会に持ち込むという事ではなく
問題解決がとても難しい場合のみと考えておきましょう。

担任が変わるごとに
いろいろな個性の先生がいます。

小学校から義務教育を経て学生生活を終えるまで
すべてが素晴らしい自分と合う先生に当たるという事は
理想ですが残念ながら現実的には難しいことです。

また同じ先生でも
子供によって好き嫌いも分かれていたり

合う・合わないがあります。

そしてそれはこれから社会へ出てからも一緒です。

長所と短所は表裏一体で

優しくて怒らない先生が

実は指導力が足りない甘いだけの先生

という見方もできます。

反対に厳しくて怖い先生は

子供に対してきちんとしつけを身に着けてほしいという考えの場合もあります。

新しい学年になって
担任が変わって

いきなり

「あ~はずれかも」

と親が先入観を持たないことも大切です。

親の立場からすると頼りなくて
大丈夫かなと心配になることも多いですが

その都度気になることは連絡帳で
コミュニケーションを図るなど

まずは自分でどのような先生なのかを知っていくことが大切だと思いますよ。

新学期になって

合わない先生になってしまった

というときには参考にしてくださいね。

まとめ

担任の先生は子供にとって大きな存在です。

子供が楽しく学校生活を送れるためにも
親としてできることはやってあげたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。