梅肉エキスの作り方は意外と簡単 作る時の鍋と保存の容器はコレ!

梅肉エキス

梅肉エキスって作れる?

健康にいい食品として注目されている
梅肉エキス。

梅肉エキスの凄い効果についてはこちらをどうぞ~^^

梅肉エキスの血液循環の効果は?量はどの位?飲みやすい飲み方は?

梅肉エキスは市販でも売られていますが
家でも作りたいという方は青梅が出回る時期になったら
思い切って手作りの梅肉エキスにチャレンジしてみてはいかがでしょうか

今回は
梅肉エキスの作り方
作る時の注意点などについてご紹介します♪

スポンサードリンク

梅肉エキスの作り方 簡単にできる?

梅肉エキスを作る時の梅の種類は青梅を使います。

選ぶときのコツ

  • 出来るだけ大きいもの
  • 果肉が硬くて新鮮な物

を選ぶようにしましょう。

柔らかい熟した梅を使うと
果肉の中に含まれているペクチンや糖が梅の果汁に中に入って
綺麗でつやのある梅肉エキスができにくくなります。

では作り方をご紹介しますね

ちなみに1㎏で梅肉エキスができる量は
20~30CC位です。
結構少ないですね・・

それを想定して梅を準備してくださいね^^

作り方

1)青梅は水でよく洗って大きめのボールに水を入れて2~3時間水につけて
アクを抜きます。その後清潔なふきんなどで水気を拭き取ります。

果肉と種を分ける

2)この作業が一番大変なので
今回は簡単にするために
ジップロックなどのビニール袋に入れて麺棒でたたきます。

または
ジップロックに入れてまな板などの硬い板を上からおいて
足で踏むようにすると実と種がはがれやすくなります。

このようにすると包丁で削るよりも簡単にできますよ
採れた果肉はボールに移しておきます。

強くたたきすぎて種を割って一緒に混ざらないように注意してくださいね。

ミキサーで砕く

3)梅の果肉をミキサーにかけていきますが
果肉が硬いので、麺棒などで押し込みながら
何回かに分けてミキサーしてください。

梅をミキサーにかけると刃がさびやすくなるので使った後はしっかりと洗うようにしてください。

ミキサーを使わない場合は
金属製ではない大根おろし器などを使ってすりおろしますが
結構大変です。

4)ミキサーにかけた梅をホーローの鍋に 清潔な木綿のガーゼなどで絞っていきます。

この時しぼり汁を少し分けておくと2回目以降ミキサーをかける時に
かけやすくなりますよ。

煮詰める

5)いよいよ火にかけて梅肉エキスを作っていきます。
弱火で木べらを使って根気よくじっくりと煮詰めていきます。

途中で黄色いアクが出てきたらキッチンペーパーをお箸に巻いて
こまめに取っていきます。

6)とろとろの水あめのような状態になって
すくってみて糸をひけるようになったら火を止めます。

色は深い褐色にならなくてもなめてみて
強い酸味があれば大丈夫です。

7)冷めたら十分に消毒した保存ビンに移し替えます。

梅の種を入れてはいけない理由とは?

梅の種の中にはアミダグリンという青酸配糖体という
青酸カリと同じような物質が含まれています。
が入っています。
長時間加熱することによってこの毒性はなくなるといわれていますが
危険と分かっているものなので絶対に入れないように注意してくださいね。

梅肉エキスの作り方 使う鍋はこれ

梅は酸性なので
煮詰めていく過程で錆が出てきてしまうので
梅肉エキスを作る時に使う鍋やおろし器などは
金属製のものを使わず

土鍋やホーロー鍋を使うようにしましょう

スポンサードリンク

梅肉エキスの作り方 保存する容器や保存期間は?

梅肉エキスを保存する容器は?

梅肉エキスは酸が強い食品なので
プラスチック製のものは避け
陶器やガラス製のふたがきちんと閉まる密閉できる保存容器が適しています。

またスプーンですくう事も考え
ある程度口の広さがあるものがいいですね。

ジャムの空き瓶などを再利用するのもいいと思いますよ~

梅肉エキスの保存の期間は?

梅肉エキスは水を一滴も使わず
非常に殺菌力に優れた食品なのでほとんど劣化することはありません。

スプーンなどで取り出すときは清潔な水分のついていないものを使用するなど
中に余計なものが混ざらないように注意すれば
何年たっても食べることはできますよ。

まとめ

今回は家庭で梅肉エキスを簡単に作れる方法をご紹介しました。

梅の量の割に少ししか作れず
わりと手間暇はかかりますが
梅仕事が好きな方はぜひ作ってみてくださいね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。