お中元はいつまでに送ればいいの?時期は地域で違う?遅れた場合は?

お中元

お中元っていつまでに送ればいい?

お中元って今まで送ったことがないといつまでに送ればいいのかとか
お中元のマナーとかよく分からないことがたくさんありますよね

お中元を喜んでもらいたいと思って送ったのに
実は失礼になっていたという事もあるので気を付けたいところです

私も結婚するまでお中元って送ったことなかったんですが
仲人の方には贈った方がいいという事を聞いて
慌てて調べた記憶があります(^_^;)

贈り物をする時っていろいろマナーとかあるものなんですね

そこで今回は
お中元を贈る時期や地域によっての時期の違い
遅れてしまった場合の対処法についてご紹介します

スポンサードリンク

お中元はいつまでに送ればいい?

お中元を贈る時期は
一般的には

7月初旬から7月15日

くらいまでに先方に届くように手配します。

初めてお中元を贈るという場合に知っておきたいのが

お中元よりもお歳暮の方が重要な挨拶とされています。
なのでお中元を贈った場合には
必ずお歳暮も贈るのがマナーとなります。

どちらか片方で済ませたいという場合は
お中元をやめてお歳暮だけ贈る
ようにしましょう。

お中元に添える送り状

贈り物をする時ははがきではなく手紙を送るのがマナーとされていますが
はがきで送る方も増えてきました。

目上の人や取引先の上司などには白い便箋、白い封筒で贈るのが礼儀とされていますが
現在ははがきで送ることも多いようです

「日頃お世話になっているお礼の気持ちとして
本日別便にて心ばかりの品を送らせていただきました」

と一言添えておけば

贈ったものがちゃんと届いているのか
確認もしやすいですよ♪

お中元は相手が喪中でも大丈夫? マナーは?

お中元はお祝い事ではなく
あくまで相手方にお世話になった感謝の気持ちを表すお礼です。

なのでお中元で贈り物を贈ることはマナー違反ではないので
心配しないでくださいね。

ただし故人が逝去して四十九日以内である場合や
先方がまだ気落ちしているような場合は時期をずらして
暑中見舞いや残暑見舞いなどで贈るのが相手への気遣いになります

またその場合の熨斗は
紅白の水引は避けるようにして白い無地の奉書紙に

「御中元」
「暑中見舞い」
などの表書きで送るようにしましょう

もしも自分が喪中であった場合も同じで
品物を受け取ることに対して遠慮は必要なく

いつもとおりでOKです。

お中元の時期は地域によって違う?

お中元を贈る時期は関西などの地域によって旧暦に合わせる習慣もあります。
その場合は1か月遅れで贈ることになりますが

よく分からない場合には

「こちらではこの時期に贈る習慣です」

と贈る時に一言添えれば
1か月前に送ってしまったりしても失礼にはあたらないとされています。

一般的にお盆を旧暦で行う習慣がある地域では
お中元の時期も1か月遅れと思っておけば大丈夫です^^

お盆を8月に行う習慣のある大阪や京都などの関西地域では
7月下旬から8月15日ころ
までに送るようにしましょう。

ただ都市部や地方などの地域によって変わってくる場合もあるので

7月初旬から7月15日くらいまでにお中元を贈るようにしておけば
地域によって早く送ってしまった場合でも
最初にお話ししたように
送り状にこちらの習慣を一言添えれば
早く着く分には失礼にあたりませんので

迷った場合は7月15日までに贈れば安心ですね

スポンサードリンク

お中元の時期に遅れたらどうすればいい?

お中元を贈る時期の7月15日を逃してしまった場合
焦って慌てて送らなくても

目上の方には

「暑中御伺い」

または

「暑中御見舞い」

として贈れば大丈夫です^^

もしも立秋(8月8日前後)を過ぎてしまうようなら

目上の方には

「残暑御伺い」

または

「残暑御見舞い」

として贈るのがマナーになります。

まとめ

今回はお中元の送る時期やそのほかのマナーについてご紹介しました。

品物を贈るのもいろんなマナーがあるんですね

正しいマナーを知って相手に感謝の気持ちを贈りましょう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。