お中元のマナー 送り状って?はがきの送り方 上司へ妻が書く時は?

お中元

お中元の送り状って何?

今までお中元なんて送ったことがなかったので
送り状って聞いてもよく意味が分からなかったんですよね(^_^;)

結婚式でお世話になった仲人の方へ送った方がいいと聞いて
慌ててデパートへ。

たまたま売り場にいた人が

「送り状書かないと~」

って言っているのを聞いて

「何それ?そんなの送るものなの?
そもそもお中元のマナーとか分からないし・・・」

慌ててその足で本屋さんへ行って
お中元のマナーについての本を買って
家に帰って調べてみたんです

そしたら書き方や送り状を送るタイミングとかいろいろあることが分かりました(焦)

初めてお中元を贈るという方は
マナーもちゃんと知っておきたいですよね。

そこで今回はお中元を贈る時に必要な送り状のマナー
についてご紹介します

スポンサードリンク

お中元のマナー 送り状って何?送るタイミングは?

お中元のマナーに関していろいろ見てみると

お中元を贈るマナーとして
品物が先方に着くと同時かそれよりも前につくように送り状を出すのがマナー

ということが分かりました。

よく考えてみれば
いきなり宅配便で品物が送られてきたら
相手もびっくりしてしまうし

お世話になっている感謝の気持ちを表すのがお中元やお歳暮の目的なので
品物だけ贈ってOK

ではないんですよね。

品物だけ贈るとかえって相手に失礼にあたって
マナーを心得ている方だと
常識がない人だと気を悪くしてしまう可能性も(ー_ー)!!

そんなつもりはなくても
上司の方にそんな風に思われたら大変です

旦那様に上司の方と円滑な関係を維持してもらいたいですもんね

だからデパートなどで品物を選んで
送る手配を済ませたら

「よしこれで安心!」

なんて思わずきちんと送り状を出すこともセットでやりましょうね。

でもお礼状になんて書いたらいいのかわからない・・・

はがきと手紙では書き方は違うのか

ちゃんと決まりがあるのか
かしこまった文章が難しく感じて

分からない事ばかりですよね。

なので次の章では
お中元の送り状の書き方のコツ

をご紹介します^^

お中元の送り状 はがきと手紙の書き方は違う?

送り状は現在ハガキが主流になっていますが
品物に同封する時や
あらたまった相手に贈る時は
手紙に書くようにします。

手紙の場合は
白い便箋に白い封筒で
毛筆か筆ペン、黒の万年筆で書くのが礼儀とされています。

はがきでも手紙でも送り状を書く時の基本的な書き方は
変わらないので心配しないでくださいね。

そして
文章を書く順番としても決まりごとがあるんです。

一見ややこしそうに感じますが
パターンさえ覚えてしまえばそんなに難しく考えなくても
色々応用が利くので
覚えておくと役立ちますよ^^

まず文章は縦書きで書くのがルール。

そして文章の順番はわかりやすい言葉で説明すると

◆はじめの言葉

ふつう親しい友達に手紙を書く時は

「元気ですか?」
「こんにちは」

という風に手紙を書きだしますよね?

そんな風に手紙の書き出しをする部分です。

名前としては手紙の冒頭に書く文なので

「頭語」

と呼ばれているものです。

こういったかしこまった文章を書く時に使う言葉ですね。

頭語のは何種類かありますが
お中元では拝啓で書き始めれば問題ないので
書き初めは拝啓と決めてしまうと楽でいいですよ~

冒頭の言葉を書いたら

◆現在の季節を表す文章

を書いていきます。

これもお中元を贈るのは7月なので
だいたいパターンが決まってきます(^_^;)

・夏空がまぶしく感じられる頃となりましたがお変わりなくお過ごしでしょうか。
・梅雨明けとともに本格的な暑さとなりましたがいかがお過ごしでしょうか。
・梅雨が長引いていますが、皆様お健やかにお過ごしのことと存じます
・猛暑が続きますがお変わりなくお過ごしでしょうか

などその時期にあった季節の状態を1行程度入れればOKです。

注意点としては「でしょうか」と問いかける文章なので
?の記号を入れてしまいそうになるかもしれませんが
送り状には使いませんので間違えて入れないようにしてくださいね

季節の言葉を書いたら
いよいよ

◆どうしてお中元を贈ったのかという理由

を書きます。
具体的なパターンをご紹介しますね

まず自分側の近況を簡単に伝えます

例えば仲人の方や夫婦でお付き合いのある方にお中元を贈る場合

私どもの結婚の際しましてはいろいろとお世話になりましたことを、
改めて御礼申し上げます。
おかげさまで私どもも元気に暮らしております

このように簡単に近況を報告したら次に

・本日はささやかな感謝の気持ちとして心ばかりの品をお送りしたのでどうぞお納めください
・さて、本日はお世話になっている感謝の気持ちとして
心ばかりの品を送らせていただきましたのでどうかお納めください

このように

◆感謝の気持ちを伝える文章

を書きます^^

ここまでかけたら文章もあと少しですよ~

次に

◆相手の体を気遣う言葉

を添えます。

ここでも少し季節に絡めて
文章を考えると簡単に書けますよ。

・暑さ厳しき折から、ご自愛くださいませ
・今年の夏はことのほか暑い日が続くようなのでお体大切にお過ごしくださいませ

これも行にすると1行程度ですね

ここまで書いたらいよいよ

◆最後の言葉

お中元では

敬具

と書けば大丈夫です^^

そして最後に日付と

自分の名前を書いたら完成です。

拝啓や敬具は
上司や目上の方に出すときには使うようにします

でも!

例えば日ごろ顔をよく合わせる事が多い
子供の習い事の先生などには
あまり形式にこだわらなくても

子供が日ごろお世話になっている感謝の気持ちを伝えるような文章で
品物に手紙を添えたり、素敵なカードなどに書いてもいいですね。

文章としては

夏空がまぶしい季節となりました。
日頃は早苗が大変お世話になりましてありがとうございます。
おかげさまでピアノのレッスンも4年目を迎えることができました。
先日の発表会では、緊張しながらも無事に弾き終える事ができ
主人も「○○先生の熱心な指導のおかげ」と感動しておりました。
本日はささやかな感謝の気持ちとして心ばかりの品をお送りしましたのでお納めください。
今後とも、ご指導の方よろしくお願い申し上げます。
今年の夏はことのほか暑いようですので
お体大切にお過ごしくださいませ

かしこ

など拝啓を使わなくてもいい場合もありますので
贈る相手によって変えてみてくださいね^^

次は旦那さんの上司に奥さんが送り状を書く時の決まりを
ご紹介しますよ

スポンサードリンク

お中元の送り状 上司へ妻が書く時の書き方やコツ

旦那様の上司へ送り状を書く時は

先ほどご紹介した順番でお礼状を書くまでは一緒です。

最後に名前を書きますが
はじめにご主人の名前
その隣に少し小さめの字で内と書きます。

「内」

と書くことで夫の代筆であることを伝えられることになるので
添えるのがルールとなります。

文章としては

拝啓

・・・・

・・

暑さ厳しき折からお体大切にお過ごしくださいませ   敬具

7月○日     鈴木太郎
            内

というように書きましょう。

普段の手紙では使わない決まりなので
なかなか慣れないと思いますが
たったこれだけのことなので
覚えておくと便利ですよ~

おわりに

今回はお中元の送り状についてのマナーについて
ご紹介しました。

贈る習慣がなかった人にとっては
分からないことが多いですが

送らなくてはいけない場面も出てきたときに
一度覚えておけばもう悩まないで済みますよね

参考になったら幸いです

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。