お風呂が寒いと危険!浴室のヒートショック予防対策で入浴を快適に!

%e8%9f%87%e5%81%b5%ef%bc%9e

「お風呂が寒くて入りたくない・・・」

あなたの家の浴室も寒くて困っていませんか?

寒い冬にお風呂が寒いとお風呂に入るのが憂鬱になりますよね。

そして浴室が寒いと温度差によって「ヒートショック」を起こすリスクが高くなり、心筋梗塞などを起こしてしまうこともあるんです。

特に高齢者と一緒に住んでいるなら、浴室で倒れていたなんて悲しいことにならないためにも浴室での寒さ対策はしっかりとしておいたほうがいいです。

かといって工事やリフォームまでするのは予算的にちょっと・・・

という場合でも少しの工夫で部屋と浴室の温度差を最小限にすることができます。

私の家の浴室も「ここは外なんだろうか・・」と思うほど冷えていましたが、いくつかの方法を取り入れることでかなり解消されました。

寒いお風呂を何とかしたいと悩んでいるならチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

お風呂が寒いと心臓へ負担がかかって危険!

冬は部屋に暖房をつけたりして暖かくしていますが、浴室が寒いとその急激な温度差で血圧は大きく変動します。

そして寒いときには湯船の温度も高く設定することが多く、温度差が大きければそれだけ体にかかる負担も大きくなってしまいます。

%e8%b1%ac%ef%bd%b4%e8%9e%b3%ef%bd%a4

出典:松栄ガス株式会社

暖かい部屋から寒い脱衣所や浴室へ移動すると体がその変化に対応しようとして急激に血圧が上がります。

そして今度は熱い湯船につかると急激に血圧が下がります。

そのあと浴室が寒ければまた血圧は上昇・・

短時間でこんなに血圧が上がったり下がったりするのでとっても体への負担が大きく、もともと高血圧だったり、高齢者の方は心筋梗塞や脳梗塞などを起こす危険性があります。

また熱い湯船につかることで血圧が下がって脳貧血でめまいを起こす原因にもなります。

下の図を見てもわかるように、浴室を温かくすることによって血圧の変動も少なくなっていることがわかります。

「温度差」をなくしていくことが寒い時期に起こりやすいヒートショックを起こさない大切なポイントですね。

%e8%b1%ac%ef%bd%b4%e8%9e%b3%ef%bd%a4

出典:東京ガス

では具体的に寒いお風呂を改善して安全快適に入浴できるポイントをご紹介しますね^^

浴室でのヒートショックを防ぐ6つの対策

脱衣所の寒さを防止する方法

1・ヒートショック 対策 暖房

冷え切った脱衣所を温めるにはやっぱり暖房機器を使うのが一番です。

お風呂に入る20分くらい前からつけて脱衣所を温めておくと服を脱ぐ時にも安心です。

このハロゲンヒーターは小型ながらすぐに温まり、脱衣所やトイレにおいてもコンパクトで倒れたら自動でオフになって安全!リーズナブルでおススメです。

 

 

2・脱衣所の床も暖かく

床が冷たいと足をつけたときにひやっとしますよね。

足の冷えを防止するために床にはバスマットなどひいておきましょう。

防水タイプのこんな便利な電気マットもあります。

 

寒い浴室を温める方法

3・窓ガラス

窓もそのままだと冷気が入ってきます。

閉めるのはもちろんですが、窓ガラス用の断熱シートを張るだけで窓からの冷気をグンと減らすことができます。

 

4・換気扇

入浴中にお風呂の換気扇を回してないとカビが繁殖しそうと冬場でもつけてお風呂に入る人も多いですが、入浴が終わってから換気扇をつけるようにしましょう。

カビ防止対策については入浴後にはすぐに湯船のお湯を抜いてから浴室全体に水をかけ、換気扇を回し窓も開けておくことでカビの繁殖を防ぐことができます。

5・タイル

床がタイルだと裸足で入ったときすごく冷たく感じますよね。

これを防止するために42度くらいの熱めのシャワーを床面に1~2分くらいかけておくだけで床と浴室全体が蒸気で温まります。

洋服を脱ぐ前にシャワーを出しておくといいですね。

6・お風呂マット

それでも寒い!という場合は浴室にオフロマットを敷くと冷たさを感じません。

こちらは保温性の高い発砲ポリプロピレンを使ったあったかマットです。

 

7・あれば浴室暖房を使う

浴室暖房がついている場合は、迷わず使いましょう!

入浴前につけておくと浴室の温度差が防止できます。

ヒートショックを防ぐ入浴法!これで対策もバッチリ!

%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%92

湯船の温度

寒い冬は熱めのお風呂に入りたくなりますが、冷えた体との温度差で一番血圧が変動しやすい瞬間です。

また、体や髪を洗って体が冷え切った後で熱いお湯につかるときも危険です。

いきなり浴槽に浸からず、まずは手足、腰、おなかという風に少しづつお湯の温度に慣らしていくようにしましょう。

お湯の温度ははじめは熱すぎない39℃~40℃くらいにしておいて、どうしても熱いのが好きな場合は体がお湯の温度に慣れてきたら湯温を上げるようにするといいでしょう。

高温での長風呂で熱中症も

41℃以上のお湯に30分以上つかると熱中症になる危険性も出てきます。

熱いお湯で体の温度が3℃以上上昇してしまうと

意識消失を起こすこともありお湯の中で意識消失を起こした場合は最悪の事態を招きやすくなります。

寒い時期に熱いお風呂につかりたい気持ちはわかりますが長く浸かりたいときにはぬるめの40度以下の温度にするようにした方がいいですよ!

いきなり肩までつからない

勢いよく肩までつかると水圧と温度差によって心臓に負担がかかります。

体はゆっくり浸かるようにしたほうがいいでしょう。

 

露天風呂の温度差はこうして予防!

%e9%9c%b2%e5%a4%a9%e9%a2%a8%e5%91%82

私は温泉が大好きで露天風呂があるところにもよく行きますが、寒い冬にいきなり外の露天風呂に入るのは危険すぎます!

まずは内風呂で体を温めてから露天風呂に移動するようにしてくださいね。

ヒートショックのことを知ってから、サウナに入ってから水風呂に入るという行為が自殺行為のように思えてきました。

サウナ嫌いなんですけどね。

トイレのヒートショック対策も忘れずに!

お風呂場に次いでトイレでの事故も多いです。

夜中にトイレに行って倒れるという事故を未然に防ぐためには、浴室と同じように窓ガラスに断熱シートを張る、暖房つき便座やトイレ用の暖房器具を設置するなどしてなるべく冷えない工夫をしていきましょう。

暖房つき便座がない場合は便座カバーをするだけでも違います。

まとめ

ヒートショックは事前に対策しておくことで防げることなので、これからますます寒くなる時期にはぜひお風呂場の寒さ防止対策をしてヒートショックを予防していきましょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。