【注意!】青色申告に開業届が必要なので税務署へ行ったら遅かった!

青色申告をするため税務署に開業届と青色申告申請書を出しに行ってきました。

ところが開業届を出すタイミングが遅かったために今年度は白色申告しかできないと言われてしまいました・・

無知な私の責任ですが年明けからやらかした感が満載です。

今回は私の失敗談を踏まえて何らかのビジネスを始めているにもかかわらず、まだ開業届を出していないけど?という人に青色申告と開業届を出すタイミングをお話ししたいと思います。

青色申告には開業届が必要!

ばた

会社に勤めている場合だとややこしい税金の計算は全部会社がやってくれますよね。

ところが会社以外のところから収入がある場合は自分で税金の計算をしなければなりません。

税務署から「あなたは確定申告が必要ですよ!」と親切に言ってきてくれるわけではなく、あくまで自分で申告しに行かなければ誰もやってくれません。

ところが事業を始めてすぐの頃は確定申告が必要なほど収入がない場合も多いので、なかなか確定申告のことを現実的に考えられなかったり、事業をしているという自覚が薄く、開業届についてもあんまり深く考えなかったりします。(あくまで私の場合です)

今年は仕事を掛け持ちで働いていることもあり勤務先での年末調整ができないので確定申告の現実が急に迫ってきました。

そしてどうやら税金の控除額が多い青色申告をするには「開業届」の提出が必須と知ったのもこの時。

 

副業だったので事業を始めたという意識がどこか甘かったんですね。

いつか出さないとなあと思いながらも深く考えずダラダラと時間が過ぎてしまいました。

ところで青色申告にも種類があるの知っていますか?

青色申告には2つの種類がある!

1・所得から事業に必要な経費を引いたものからさらに65万円分の控除がある青色申告

他にもなかなか収益が伸びずに赤字だったとしても3年間赤字を繰り越しできる

家族に給料を払った場合は全額経費にできる

2・所得から事業に必要な経費を引いたものから10万円分の控除がある青10申告

控除額は10万円と青色申告と比べると少ないけど、記帳が簡易帳簿で青色申告のように複雑ではなくて簡単

この青色申告をするためには開業届と青色申告申請書の2つを事前に提出しておく必要があります。

書類は税務署からダウンロードできて、提出も郵送でもOKです。

開業届→国税庁 開業届ダウンロード先 

青色申告申請書→国税庁 青色申告申請書ダウンロード先

ちなみに白色申告は必要ありません。

65万円も控除してくれるならやっぱりここは絶対お得な青色申告を狙いたい!ですよね

なので事業を始めたら儲かっている、いないにかかわらず早めに開業届を出しておくことをおすすめします。

正確には開業届を出す時期は

事業の開始等の事実があった日から1月以内に提出してください。国税庁

となっていました。

 

私の場合気が付いたときにはすでに話にならないくらい遅すぎたのですが・・

 

税務署に青色申告するために開業届を出しに行った結果・・

遞主漁鄂イ

ようやく開業届を出す日がやってきました。

なんとなく記念になる気がして誕生日の日に税務署へ!

これで私もとうとう個人事業主だあ~♪ 大人の階段上る~ ルル~♪ とこの時まではなんとなくウキウキして税務署の扉をあけました。

このあと真っ逆さまに崖から突き落とされた気分になることも知らず・・・

スポンサードリンク
税務署1

受付に行って税務署の職員の人に「開業届と青色申告申請書を出したいんですけど」というと用紙を持ってきてくれて鉛筆で必要個所に〇をつけてくれて「個々の部分を書いてくださいね~」と言って用紙を渡してくれました。

開業

 

開業1

 

言われたとおりに記入をして提出。

すると、「青色申告は平成30年からになります。今年は白色申告になります。」と言い渡されてしまったのです。

「青色申請を行うためには青色申告申請書の提出は青色申告をする年の3月15日までとなっています。」

えっ?でもまだ1月だけど?

ここが私の致命的な過ちでした。

青色申告の対象となるのは前年の1月から12月までの所得。

つまり去年の3月15日までにこの青色申告申請書を出さなければならなかったのです。

ただ新規に開業している場合は開業して2か月以内なら青色申告ができるとのこと。

私の場合開業日が1年半前だったのにもかかわらず開業届を出していなかったので、青色申告ができるのは平成30年からになってしまいました。

「こんなこと学校じゃ教えてくれなかったよ・・母さん・・」と言ってもお役所には通用しません。

自分で事業を始めるとなったらすべては自分の責任。

私も今回やらかしてしまったことでいろいろ勉強になりました。

来年は胸を張って青色申告をしようと思います。

 

青色申告するための開業届の書き方は凄く簡単!

%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%92

 

開業届の書き方は拍子抜けするくらい簡単です。

一番上の個人事業の開業・廃業等届出書の開業に〇をつける

納税地の欄に事業を行う事務所や自宅の住所を記入

氏名を記入 生年月日を記入

個人番号にマイナンバーを記入

職業欄に職業を記入

屋号を決めていたら記入(これは後からでも変更可能で、書かなくてもOKです)

下のほうに開業した日を書く欄があるので開業した日を記入

事業の概要の単に簡単な事業内容を記入

この時同時に青色申告申請書も提出する場合はその欄に〇を付ける

もしもわからない場合でも税務署の人に聞くときちんと教えてくれます。

私もその場で記入し10分もかからず記入して提出できました。

やってしまえばここまでは簡単に済ませられることなのでぜひこの機会にやってしまいましょう

おわりに

確定申告が大変ということは聞いてはいましたが、まさか青色申告ができなくなるとは思ってもいませんでした。

私が知らなさ過ぎたこともありますが、今まで会社に勤めていた場合、税金のことはわからないこともたくさん出てきます。

だからといってやらなければいけないことなのでビジネスを始めたら同時に開業届と確定申告の準備を始めていきましょう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。