日焼け止め 紫外線吸収剤不使用で敏感肌にもオススメはコレ!

sigaisennpng

毎日顔にたっぷりと使う日焼け止めは
お肌に負担が少なく
紫外線からしっかりとお肌を守ってくれるものを選びたいですね。

でも敏感肌日焼け止めを使うと肌が荒れてしまうと悩んでいませんか?

市販されている日焼け止めの多くは
紫外線吸収剤という化学物質を使用していて
敏感肌やアレルギーをお持ちの人には
お肌を刺激して
接触性皮膚トラブルの原因となります。

紫外線吸収剤の中には
発がん性など毒性があるものもあるので

日焼け止めを選ぶ際は
紫外線反射材が使われているものを選ぶことが大切です!

私もSPFが高ければ日焼けしにくいかなという基準だけで
適当に選んでいたんですけど
肌荒れに悩まされ
吹き出物がポツポツ出来て悩んでいたんですよね。

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めをいろいろ探して
使用した事で
肌トラブルに悩まされなくなりました。

日焼け対策は
シミやシワを予防するためには欠かせないものですからね。

そこで今回は私がいろいろ探して試した
紫外線吸収剤不使用の日焼け止めをご紹介しますね♪

スポンサードリンク

日焼け止めをご紹介する前に
日焼け止めについての正しい知識を知っておきましょう。

というのも以前の私のように
SPFが高ければいいんだというような
間違った知識で日焼け止めを使うことで
肌荒れを起こしてしまうこともありますからね(´;ω;`)

ちゃんと知っておくことで
日焼け止めを選ぶポイントが分かると思うので
読んでいただければと思います♪

日焼け止め 紫外線吸収剤がよくない理由 

紫外線吸収剤の中には
フェノール系化合物
フェノールに類似するベンゼン系化合物があり発がん性などの毒性もあります。

そのため紫外線吸収剤の添加量は
毒性の強さに応じて
一品目に対して決められています。

ここで注意しておきたいことは
UV乳液UV化粧下地UVファンデーションなど
紫外線吸収剤が入っている化粧品を複数重ねてしまうことで

紫外線吸収剤の制限量を超えてしまい
その結果皮膚を刺激して
シミやシワの原因となってしまいます。

またナノ化されている日焼け止め
体内に吸収され内蔵に侵入して
臓器を損傷したり発がん性もあるので
表面上の肌トラブルだけではなく
健康も害する恐れがあるので
絶対避けたいところですね。

ナノ化された日焼け止めは残念なことの全成分表示にも記載がないんです(´;ω;`)

ナノ化されている日焼け止めを見分けるポイントをご紹介しますね。
 

危険な日焼け止め見分け方

SPF30以上の日焼け止めで
「酸化チタン」が入っているものはナノ化されている日焼け止めの可能性大

・肌に塗って白浮きせず
透明感があるような日焼け止めはナノ化されている可能性大

です。

ナノ化されていない日焼け止めは粒子も大きく
肌に密着しないため
白浮きや、なめらかではなくテクスチャーも固めなので
ムラができやすいといった難点もあるのですが

いろいろ試して使用感が良く
敏感肌の私でも肌荒れせずに使えたものを
紹介させていただきますので
安心してくださいね♪

次にSPF値について高ければいいのかと思うかたも多いと思うので
SPF値についても簡単に説明させていただきます。

実はSPF値が高ければば高いほど毒性は高くなります!

毒性が強いということは
それだけ肌への負担も強くなりますので
日常的に使う日焼け止めのSPFは10~25位で十分ですよ!

スポンサードリンク

またウォータープルーフもお肌への負担が大きいので
できれば使用しないことをおすすめしますが

海やプール、長時間のお出かけで塗り直しが難しい
という時にだけご使用になることをおすすめします。

あと注意点としては
日焼け止めの成分はファンデーションとほぼ同成分なので
ノーメイクで日焼け止めしか塗っていなくても
必ずクレンジングを使用して
きれいに落として
くださいね(^^♪

それではいよいよ紫外線吸収剤不使用の
私が試してた中でも優秀な日焼け止めをご紹介しますね♪

日焼け止め 紫外線吸収剤不使用のおすすめはコレ! 

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めはいろいろあるんですが
使い心地なども含めて
毎日使いたいって思えるものだけを厳選しました。

オードヴィーブサンスクリーン

日焼け止め

容量・本体価格: 30ml・4,761円

SPF値:  SPF25・PA++

白浮きしにくく、石鹸でもクレンジング可能で
化粧下地としても使用できます。

乳液のようなテクスチャーで伸びも良いので普段使いにおすすめ!

香りもローズのほのかな香りに癒されます♪

24h cosme プレミアム UVベースエッセンス

imagesYK4J21RA

容量・本体価格: 30ml・4,200円
SPF値: SPF15・PA++

アルガンオイルが配合されていて
保湿力が高めなので
乾燥が気になる方におすすめです。

逆に夏などは化粧崩れしやすいので
肌に塗ってからテイッシュで軽く押さて使用することをおすすめします。

白浮きせず乳液のようなテクスチャーで
カラーレスタイプです。
ちょっとそこまでという時は
これにパウダーだけでも十分イケます♪

ブルークレール UVラグジュアリーデイクリーム

92872

容量・本体価格: 35g・4,750円
SPF値: SPF23・PA++

少し硬めのテクスチャーで塗った直後はやや白くなりますが
塗るときに手で十分温めから肌を包み込むようになじませていくと
しっとりとなじみ透明感が出ます。

普段使いにおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

私が使ってきて特に気に入っている日焼け止めをご紹介しました。

気になった日焼け止めは見つかりましたか?

現在も紹介した三種類を気分によって使い分けています♪

また他にもご紹介したくなるような日焼け止めを見つけたら
ご紹介させていただきますね♪

肌に直接付けるものだからこそ
肌に安心できるモノを使いたいですよね!

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めをお探しなら
参考にしていただければ幸いです(^^♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。