梅ジュースのおいしい作り方 健康と美容に役立つ効能とは?

iumes

甘酸っぱくて、美味しい梅ジュースを作りたい!

どうやって作るの?
どんな効能があるの?

暑くなる時期には
さっぱりとした飲み物が飲みたくなりますね。

梅ジュースは外へお出かけのときや
子供の運動会などにも
熱中症対策にもオススメです!

我が家も子供の水泳大会などにもいつも水筒に入れて持っていきます。

梅ジュースを作る時期は青梅がスーパーに出回る
5月~6月です♪

今回は美味しい梅ジュースの作り方
保存方法賞味期限
梅ジュースの嬉しい効能についてお話しますよ(^^♪

スポンサードリンク

梅ジュースの効能 健康と美容

梅はなんとなく体にいいということは分かっているけど
実際にどんな効能があるのか知っていますか?
私も調べてみたらいろいろからだに嬉しい驚きの効能があるんです♪

殺菌効果

梅には、主成分であるクエン酸が多く含まれていて
クエン酸は微生物の増殖を抑える働きをします。
強い殺菌効果があるので
よくお弁当やおにぎりに入れるのはこのためです。

またお腹の中に入ると胆汁の働きを活発化させ
食中毒の予防の働きもします
また最近になって、胃がんの原因菌となるピロリ菌の増殖を抑制する効果があることも
研究されて分かってきたようです。

疲労回復

そしてクエン酸は筋肉に蓄積された乳酸や疲労物質を燃焼させ
老廃物の蓄積も防いで
疲労回復に効果があります。

血行促進効果

現代生活ではどうしても肉や油を多く使った
酸性食品を多く摂りがちですが、体が酸性に傾くと
血液はドロドロになって血管の流れが悪くなり、
血行不良や血管障害の原因となってしまいます。

血流が悪くなると新陳代謝も悪くなって
むくみや冷え、
免疫力も低下して病気にかかりやすい体になってしまいます。

そのためにはアルカリ性の食品をとる事が大切
梅などのアルカリ性の食物を取ることで
酸性を中和させることができます。

夏は暑いからと
冷たいものばかり飲んだり食べたり
クーラーの効いた部屋にいると
冬よりも体は冷えやすくなっています。

夏バテの原因ともなるので
梅ジュースで夏バテ知らずな夏を過ごしましょう!

 シミやシワ老化防止などのアンチエイジング効果

梅に含まれるクエン酸は
新陳代謝を活発にして体内に溜まっている老廃物を排出させる働きがあります。
これによってむくみや美肌、
老化防止にも効果が期待できます。

クエン酸効果ってすごいんですね(^^♪
私も調べて驚きました!

それではいよいよ美味しい梅ジュースの作り方をご紹介しますね♪

梅ジュースの美味しい作り方

今回は青梅を使った梅ジュースの作り方をご紹介しますね♪

とその前にちょっと注意点があります。

スポンサードリンク

青梅を入手したらすぐに漬けましょう。
常温で何日も置くと
すぐに黄色くなって完熟梅になります。
完熟梅で漬けると
エキスもあまり出ないばかりでなく
ドロっとした性状になって
また発酵しやすくカビやすくなるので
青い青梅で作るのが一番です♪

材料
青梅・・1kg
氷砂糖・・1kg(甘さ控えめで作るときは800g)
ビン5リットル用(ふたが密封できるもの。)
竹串・・梅のヘタを取るのに使います。

≪作り方手順≫

下準備

長期保存するビンは、しっかり熱湯消毒して殺菌をします。

1)まずビンをキレイに洗ってから
熱湯で煮沸消毒します。

2)熱湯消毒したビンはキレイなふきんで水分を拭き取り
ビンの口を下にして、日当たりのいい場所でしっかり乾かします。

3)さらに乾いたあとアルコールや焼酎をしみこませた布で拭き取りましょう。

4)青梅を水で洗って、水気をよく拭き取りましょう。

5)青梅のヘタを竹串を使って取り除きます。
ヘタの縁をなぞるようにするときれいに取れます。

ヘタを取ると梅のえぐみがなくなります

梅ジュース作り方手順

といっても
青梅と氷砂糖をビンに交互に入れるだけです(笑)

1)ビンの一番下にまず青梅を敷き詰めます。
2)その上に氷砂糖
3)交互に梅と氷砂糖を入れていきます。
4)一番上は氷砂糖で蓋をするようにします。

エキスの抽出を早くするため、
最後は氷砂糖が上になるようにして終わるようにします。

5)きちんとふたをして冷暗所で保存してください。
翌日からエキスが溶け出してきます。

浸かってない梅が発酵してしまうのを防ぐためと
ビンの下の方に砂糖が溜まるので
溶けやすくなるように、ビンを毎日ゆすってくださいね

6)約2週間くらいで飲めるようになります。

梅シロップに漬けた梅は、
2ヶ月くらいで腐りやすくなったり
梅の渋みが出てくるので
1ヶ月~1ヶ月半くらいで取り出しましょう

美味しい飲み方

出来上がった梅ジュースの原液は
4倍程度の水や炭酸で割って梅ジュースとして楽しむのもいいですし
かき氷にかけたり、ヨーグルトに垂らしても美味しいです♪

出来上がった梅ジュースの保存は
冷蔵庫がおすすめです。長持ちするとともに、
梅エキス成分の抽出量が高まります。

梅ジュースの賞味期限

冷蔵庫できっちりと密封すれば1年間は大丈夫ですが、
なんども開けたりしているうちに
空気に触れて完全な密閉状態ではなくなるので
できれば半年を目安に飲みきることを推奨します。

まとめ

今回は梅ジュースのおいしい作り方
効能や保存方法、賞味期限について説明しましたが
いかがでしたか?

青梅が出てきたら是非美味しい梅ジュースを作ってみてくださいね(^^♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。