生姜の驚く効果 体を温めて基礎代謝を上げよう

ようやく春の兆しが感じられる今日この頃ですが
まだまだ寒い日が多いですね。

気温差も激しいこの季節は
体調を崩しやすい季節でもあります。

風邪などひかないように普段から体調管理はしておきたいですね。

今回は健康や美容そしてダイエット効果もあると嬉しいことづくめの

「生姜」

について

具体的にどんな効果があるのか
効果的な摂取の仕方について
まとめてみました。

スポンサードリンク

生姜効果1

生姜にはビタミンB1、B2、ビタミンC 鉄分などの成分も含まれていますが
生姜の大きな特徴として

ジンゲロールという辛味成分が含まれていることです。

あの「ピリッ」とした辛味は
この ジンゲロールという辛味成分が正体です。

そしてこのジンゲロールは
生姜を乾燥させたり加熱することで

ショウガオール

ジンゲロン

という成分に変化します。
このことによりさらに生姜の
効果が高まっていきます。

このジンゲロールがどんな役割をするのかというと
・基礎代謝を上げて体温を上昇させる
・免疫力アップ
・抗酸化作用
・ 健胃・整腸効果

ショウガオールの効果は

・殺菌作用
・抗酸化作用など

ジンゲロンの効果としては
・血行の促進
・代謝促進
・発汗作用

などがあります。

スポンサードリンク

意外と知られていないのですが
生の生姜よりも、乾燥させたり加熱したほうがより
生姜の力を発揮して効果を高めることができます。

冷えは万病のもと

冷えは万病のもとといいますが
体温が低いと血行が悪くなり、免疫力も低下します。
その結果ウイルスや細菌と戦う力が弱くなり

抵抗力が弱まって風邪をひきやすくなったり疲れやすくなります。

また低体温だと基礎代謝が低下し、

水分や老廃物を排出しにくい体隣結果的に
浮腫んだり太りやすい体になります。

生姜で体を温め基礎代謝を上げよう

手軽に体を温められる食品として
生姜がありますが

実は取り方によって効果が変わってきます。

生で食べると生姜に含まれるジンゲロールが体の深部の熱を手足に
広げ体温を上昇させる働きがあるのですが

深部の熱が奪われることで体温は結果的に下がります。

でも生姜を乾燥させることで
ジンゲロールの一部の成分がショウガオールという成分に変化することで
血行を促し体の深部の熱を作り出すという効果が出てきます。

体の芯から温め体温を上昇させるためには

乾燥生姜

が効果的だといえます。

そんな乾燥生姜の作り方はいたって簡単です。
薄くスライスした生姜を乾燥させるだけです。

スライサーを使うと薄くなり乾燥しやすいですよ。

それをすり鉢ですって
紅茶やスープに入れたり
料理に利用したりしていけば気軽に摂取できますので活用してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。