夏のお弁当で怖い食中毒を防止するおかずや対策は?

food_obentou

これから梅雨から夏の時期になると
心配なのがお弁当の食中毒です。

お弁当は作ってすぐに食べるのではなく
食べるまでの間に時間があるため
冷蔵庫などで保管できる環境がなければ
暑い時期になると腐りやすくなります。

特に中学生や高校生をお持ちのお母さん
学校に冷蔵庫があるところは少ないと思うので
お弁当の中身をどうすればいいのか悩んでいませんか?

そこで今回は食中毒を防ぐための
お弁当のおかず、工夫、食中毒予防のための便利な対策をまとめたので
参考にしてくださいね♪

スポンサードリンク

夏の弁当は 食中毒を 防止することが大切

食中毒の原因菌の好む環境は
暖かくてジメジメしたところ。

温度10℃〜60℃で増殖し、
温度36℃、湿度60%以上の環境で最も活発に繁殖します。

食中毒の70%は気温と湿度が上昇する5月から9月にかけて起こるので
お弁当には工夫が必要です。

食中毒の原因菌は5つ!

  • ブドウ球菌
  • 腸炎ビブリオ
  • サルモネラ菌
  • カンピロバクター
  • 病原性大腸菌

この中でも最も多いのがカンピロバクター
加熱が不十分な肉類からの感染が多くなっています。

サルモネラ菌はから多く発生しています。

ではこれらの最近を発生させないためのポイントをお話します。

おかずはしっかり加熱しましょう
卵なども半熟はNG。冷凍してあったハンバーグなども
中までしっかり火を通しましょう

お弁当の付け合わせの定番レタスやプチトマトにも注意。
プチトマトのヘタには雑菌がついているので
お弁当に入れるときにはヘタは取りましょう。
レタスなど生の葉物はこの時期は避けたほうが無難です。

しっかりと冷ましてからお弁当箱に入れること。
朝の忙しい時間はどうしても出来立てを入れてしまいがちですが
熱いまま入れると水蒸気がお弁当の蓋について最近が発生しやすくなります。
時間がないときは扇風機などを使ってしっかり冷ましましょう。
オカズをアルミホイルにのせて
アイスノンの上に置く
のもオススメです。

お弁当箱はしっかり消毒してよく乾かす事!
蓋のパッキンなどは細菌が繁殖しやすい場所です。よく洗って熱湯消毒や
使う前にお酢で拭くのも効果的です。

前日の残りのおかずを使うときは
必ず再加熱を!

手には細菌がたくさんつきやすい場所です。
オニギリなどはサランラップを利用して握りましょう。

チャーハンや炊き込みご飯など
具が入っているご飯は傷みやすいので避けましょう。

スポンサードリンク

仕切りを使用しましょう。
おかず同士を仕切らず詰めると、
そのくっついた所から腐敗が進む原因になるので、
アルミホイルやお弁当カップで仕切ってから詰めましょう。
レタスなどの生の刃物で仕切るのも水分で腐りやすくなるのでNGです。

汁気が多いと細菌が繁殖しやすいので
肉じゃがなど汁気の多いおかずは
片栗粉でとろみをつけましょう

それでは次に暑い時期のお弁当に適した食材をご紹介しますね♪

弁当のおかずで食中毒を予防するための食材選びのポイント

抗菌作用・防腐剤効果のある食材を選ぶ

  • 梅干し
  • 生姜
  • カレー粉
  • お酢
  • 大葉
梅干
梅干は優れた抗菌効果があることは有名ですね♪
オニギリはもちろん
小さくちぎってご飯の上にまぶしたり
ご飯を炊くときに梅干を一緒に入れて炊くと
全体に梅干エキスが行き渡り
抗菌予防に効果的です。
生姜
生姜も優れた抗菌作用がある食材です。
お寿司の時にガリを食べるのも生ものの食中毒を予防するためです。
豚の生姜焼きなどはお弁当にも人気ですね。
カレー粉
カレー粉に含まれるターメリックの中には
防腐効果を高めるクルクミンが入っています。
おかずにカレー粉をプラスすればお弁当作りの強い味方になります。
お肉やお魚にカレー粉をまぶしてソテーするのがオススメです♪
お酢
お酢は殺菌・防腐効果に優れています。
いなりずしや鳥肉のサッパリなどおかずに
積極的に取り入れていきたい調味料です。
大葉
大葉も強い抗菌・防腐効果を持つ食材の一つ。
肉や魚に挟んだり巻いたりして取り入れていきましょう。
鳥のササミ梅肉大葉ハサミ焼きは
梅干の酸味と大葉の香りが食欲をそそるおすすめのレシピですよ♪

夏 の弁当で食中毒 にならないための便利な
対策グッズ

暑い時期のお弁当作りの注意点や
食材で予防していくことはもちろんですが

食中毒予防のための便利グッズも最近は充実していますので
上手に活用していきましょう。

ここでは私が使ってきた便利グッズをご紹介しますね♪

  • 保冷剤
    スーパーなどでも売られていますが
    ケーキなどについてくる保冷剤をとっておいて
    凍らしておけばいつでも使えて便利ですよ♪
  • お弁当用抗菌シート
    シートをお弁当の上に置くだけでOK
    梅干が苦手なお子様や、遠足などに使うと安心です。
  • 仕切りができるプラスチック製のバラン
    オカズを直接くっつけ内容に工夫しましょう。
    繰り返し使えて便利です。
  • オカズを小分けできるシリコンカップ
    冷凍できるタイプもあるのできんぴらなど冷凍したままお弁当箱に入れれば
    保冷剤代わりにもなりますよ♪
  • おにぎり抗菌ラップ
  • おにぎりを可愛く包んで雑菌の繁殖を抑えます。
    運動会や遠足などにも便利ですね。

まとめ

今回は暑い時期のお弁当作りの注意点と
おすすめの食材についてご紹介しましたがいかがでしたか?

食中毒予防の工夫をしっかりして安心してお弁当を持たせてあげたいですね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。