子供の熱中症の症状と対策!効果的な飲み物とグッズはコレ!

ibdsgrht

暑くなってくると子供の熱中症が不安・・・

梅雨が明けて暖かくなると同時に
強い日差しで怖いのが熱中症ですね。

これから春の運動会
晴れた日に公園で遊ぶ子供にとっても熱中症対策は大切です。

わたしも2人の小学生がいますが
おととし下の子が熱中症になり救急車で運ばれたことがあるんです。
幸い大したことなかったのですが
重症になると命を落とすこともあるほど
危険なので熱中症対策が大切なことを思い知らされたんですよね。

それから熱中症を予防するための対策を徹底的にいろいろ調べました。

子供は大人と比べて熱中症になりやすいのはどうして?

大人に比べて子供は体温を調節する機能がまだ未熟

大人に比べて子供は体の水分が多いため外気温に左右されやすい

子供が大人と比べて熱中症になりやすいのは
以上のようなことが理由としてあげられます。

そこで今回は子供の熱中症の症状のサイン
熱中症に効果的な飲み物とグッズをご紹介しますね♪

スポンサードリンク

熱中症に効果的な飲み物とグッズをご紹介する前に
子供の熱中症の症状を知っておきましょう。

というのも中には熱中症と気がつかないほど無症状の場合もあるんです。

知らない間に重症化して大変なことにならない為にも
子供が熱中症になった時のわずかなサインを見逃さない為にも参考にしてくださいね!

熱中症の危険な症状と子供が出すサインを見逃さないで

とここまで熱中症と一言で言ってしまっていますが
実は熱中症は総称で
症状や体温で4種類に分けられます。

出来るだけ初期の段階で対策をすることで
症状も重くならずに済みますから
知っておきましょう♪

なので熱中症の種類を先に説明しますね!

熱中症の種類

1・熱失神(軽度)
熱中症の初期の状態です。
炎天下にいると強い日差しで体の表面の温度が上がることで
体は表面の温度を下げようとする働きをして
血管を広げて血液を多く流そうとする働きをします。
体の表面に血液が多く流れるため、内蔵に流れるための血液量が減少して
貧血のような症状を伴うのが熱失神です。

じっととしているときには起こりにくく
体を動かしているときに多く見られます。

    ≪熱失神の症状は?≫

  • 体温は平熱(もしくは平熱より低い場合もあり)
  • 顔色が悪く脈が早くなる
  • 血圧が低下し目の前が暗くなるなど貧血の症状がおこる
  • ぐったりして元気がなくなる
  • 大量に汗をかく

≪熱失神の対策は?≫

  • 日ざしの当たらない涼しい場所へ移動する
  • ズボンや洋服の締め付けをなくして楽な服装に
  • 足にクッションなどを置いて足を高めにして寝かせる
  • イオン飲料など水分を十分に摂取させる

熱はないので見落としがちですが
いつもと子供の様子がなんか違うと感じたら
すぐに対策をしてくださいね!

もしもこの対策を行なっても
症状が改善しない場合は医療機関を受信しましょう。

    2・熱痙攣(軽度)
    体を動かしているときに多く見られますが
    温度の高い室内や車内でも大量に汗をかくことで発症します。
    大量の汗をかいたのに、
    塩分を含まない水分しか補給しないと
    血液中の塩分濃度が低下するため
    起こります。

    ≪熱痙攣の症状は?≫

    • 体温は平熱
    • 顔色が悪くなり脈は早くなる
    • 手足の筋肉がピクピクと痙攣する
    • ぐったりして元気がなくなる
    • 大量に汗をかく

    ≪熱痙攣の対策は?≫

    • 日差しに当たらない涼しい場所へ移動し楽な体勢に
    • 塩分を含む飲み物を摂取する

    熱失神と違うのは手足の筋肉がピクピクとすることです。

    もしもこの対策を行なっても
    症状が改善しない場合は医療機関で電解質を補う点滴をすると
    改善します。

      3・熱疲労(中度)
      暑さで大量の汗をかき体が脱水状態となった状態です。
      放って置くとどんどん重症化してしまいます。
      炎天下の外だけではなく
      気温が高い室内や車内でも起こります。

      一刻も早く対処することが必要です!

      ≪熱疲労の症状は?≫

      • 体温は平熱の場合もありますが
        40℃位の高熱になることもあります。
      • 脱力感、倦怠感やめまい、吐き気、頭痛など
      • 荒くて早い呼吸をする
      • ぐったりしている
      • くちびるがカサカサ乾燥している

      ≪熱疲労の対策は?≫

      • 涼しい場所へ移動する
      • 洋服などは緩めて締め付けないようにする
      • 足を高くして横に寝かせる
      • 太い血管のある場所(脇の下、足の付け根、首などを
        アイスノンなどで冷やす
      • 塩分を含んだ飲み物をこまめに摂取させる

      症状が回復しない場合は早めに医療機関を受診し
      電解質を補うための点滴をしてもらってくださいね!

      4・熱射病(重度)
      外だけではなく高温の部屋や車内でもひどい暑さで
      人間の体温以上の温度のなっていると起こりやすくなります。

      体の体温調節が間に合わず
      体温を下げる機能が働かなくなっている状態です。

      命の危険も伴うため
      一刻を争う状態なので救急車を呼んで
      病院での治療が必要となります。

      ≪熱射病の症状は?≫

      • 反応が鈍くなって意識が朦朧としている
      • 顔色が悪くなり唇も青黒くなる
      • 汗はかかない
      • 痙攣がおこる
      • 体温は40℃以上になることもあります
      • 熱で体や顔の表面は赤くなる

      ≪熱射病の対策は?≫

      スポンサードリンク
      • 一刻を争う状態です。すぐに救急車を呼びましょう。
      • 救急車を待っている間も体を冷やすことが先決です。
        太い血管(足の付け根、脇の下、首)にアイスノンなどを当てて
        冷やします。
      • 冷たく絞ったタオルで全身を拭いて
        扇風機やクーラーなど当たる場所で体を冷やします。
      • 嘔吐などで窒息する危険もあるので
        顔は横向きにして寝かせます。
      • 足を高めにして寝かせましょう

熱中症だと思ったらすぐに行う4つの対処法

  • 1・すぐに日の当たらない風通しのいい日陰や
    クーラーなどが効いている室内など涼しい場所へ移動する
  • 2・衣服をゆるめ、アイスノンや濡れタオルなどを使って
    とにかく体を冷やす
  • 3・たくさん汗をかいた場合は、スポーツドリンクや塩分を含んだ
    飲み物を補給する
  • 4・意識障害がある場合などで
    自分で飲み物を飲めないような状態なら
    すぐに病院に搬送する(この間も体をとにかく冷やす)

4つの熱中症と対策についてお話しましたが
やはり何といっても
熱中症にならないための予防を事前にすることが大切です!

これから熱中症を予防するための飲み物と便利なグッズについてご紹介しますので
熱中症の予防にお役立てくださいね♪

子供の熱中症を予防するための対策にいい飲み物はコレ!

スポーツドリンク

手っ取り早く失われた水分と塩分を補給するためには
やはり便利ですよね!

粉末状のものを使うと
安く作れますし

カバンに粉末状のスポーツドリンクを入れておけば
ペットボトルの水に入れればすぐに完成するので
外で作ることも可能です。

自家製梅ジュース

梅ジュースのおいしい作り方 健康と美容に役立つ効能とは?

こちらでもご紹介している梅ジュース1リットルに小さじ半分位の
塩を加えるだけで
クエン酸たっぷりの特製熱中症対策予防ドリンクの出来上がりです♪

うちの子供はこれが大好きで
スポーツの試合や運動会の時は必ず持って行くんですよ♪

簡単に作れる熱中症予防ドリンク

スポーツドリンクを買わなくても
ちょっとめんどくさい梅ジュースを作らなくても
もっと手軽に作れる
熱中症予防の飲み物をご紹介しますね!

作り方はとっても簡単♪

簡単に作れる熱中症予防ドリンク
≪材料≫
水・・1リットル
砂糖・・大さじ1~3(お好みで)
塩・・小さじ半分
ポッカレモン又はレモン果汁・・お好みで

この材料を混ぜるだけです!

とても簡単なので
公園や外で遊ぶときに氷を入れた水筒に持たせてあげると便利ですよ♪

子供の熱中症の対策に便利なグッズ

最近はあちこちで熱中症を予防するための便利なグッズも増えて
あちこちで見かけるようになりました♪

そんな中でも我が家で使って便利だった
おすすめの熱中症予防グッズと外に出る時の必需品をご紹介しますね!

帽子

日差しに強い日は必ず帽子をかぶせるようにしましょう。
でも子供は出かけるときに帽子をかぶるのを忘れて出かけてしまいがちなので
玄関の見えやすい場所に防止を置く場所を決めておくと便利です。
なるべく通気性が良く走っても取れないようにゴムがあるといいですね♪

水筒または凍らしたペットボトル

大量の汗をかくと塩分も一緒に失われてしまうので
出来ればお水や麦茶などではなく
中身はさきほどご紹介したスポーツドリンクや
塩分入りの飲み物がいいです。
もし麦茶やお水を持っていく時は
おせんべいや塩分の入ったお菓子も携帯させると
塩分を補給できますよ♪
水筒はできれば保冷タイプのものに氷を入れて
冷たく飲めるものがいいですね

汗ふき用タオル

汗をかいたときは水で濡らして体を拭くだけでも
体から熱を放散させることもできますし
ハンカチよりも吸収性にすぐれているので
小さくても良いのでタオルがオススメです。

ひんやりスカーフ 
クールマフラー

水で濡らして絞るだけで3~6時間ほど
ひえひえ効果がある優れものです!
首は太い動脈があるので
首を冷やすだけでも
全身の体温が上がるのを防いでくれます。
繰り返し使えますし
柄ももいろいろあるので
ひとつあると便利ですよ~♪

まとめ

いかがでしたか?
子供は夢中になるとつい休憩もせず
遊んでしまいがちです。

気がついたら熱中症になってしまっていたということもあるので
できる限りならないように予防に努めていきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。