赤しそと青しその効能の違いは?ジュースにはどっち?作り方も!

青しそs

しそジュースと言えば
ピンク色した赤しそが思い浮かぶけど
青しそジュースってあるのかな?

効果や効能、栄養なんかは違うの?

しそには赤しそと青じそがあるけど
色の他に何が違うのか分かりにくいですね。

今回は青しそと赤しその効果、効能の違いや
一年を通して手に入る青じそで作る
青じそジュースのおいしい作り方をご紹介しますよ♪

スポンサードリンク

赤しそと青しその栄養、効能の違いとは?

赤しそと青じその一番の違いはやっぱり

「色」ですよね。

赤しその赤い色の正体はシソニン(アントシアニン系色素)

 

シソニンはアトピーや花粉症などのアレルギー疾患に有効な成分

酸を加えると鮮やかな赤色に発色する性質を利用して
梅干しや紅しょうがなどの色素としても使われています。
ジュースを作るときにクエン酸と混ぜるときれいな色になるのはこのためなんですよ♪

じゃあシソニンが含まれていない青しそは
赤しそより栄養価が低いの?

と思われるかもしれませんが
実は栄養価は青しその方が高いと言われています。

理由は

人参やかぼちゃに含まれていることで有名なβカロチンの含有量が
青しそはトップクラス!!

なんです。

刺身のすみに添えられていたり
料理の脇役としてひっそりと活躍している
しそですが
含まれている成分を見ると
もう天然のサプリメントやぁ~と
思ってしまいますね。

それで肝心の赤しそと青しその大きな違いは
シソニンが含まれているかいないか
カロチンの含有量が青しその方が多い

というだけで
他はほとんど変わりません。

詳しい効能については しそジュースの効果や効能で紹介していますよ♪

なので赤しそがもう手に入らなくても
青じそなら年中手に入るので
しそのパワーを取り入れて見てはいかがでしょう♪

でもやっぱり赤しそジュースがいいという方は
しそジュースのクエン酸の効能!アトピーや花粉症にも!時期以外は?
の記事をご覧くださいね!

スポンサードリンク

しそはこんな方におすすめ!

  • 疲れやすく寝ても疲れが取れない人
  • 風邪などを引きやすく免疫力を高めたい人
  • 花粉症やアトピーなどのアレルギーで悩んでいる人
  • アンチエイジングに興味がある人
  • カルシウム不足だと感じている人
  • ストレスを軽減したい人
  • 不規則な生活で栄養が偏っていると感じている人
  • 生活習慣病が不安な人

これからは青じそは料理の脇役だけでなく
主役として毎日の生活に登場させてみてはどうでしょう♪

紫蘇ジュース 作るなら赤紫蘇 青紫蘇どっちがいい

しそジュースは青じそでも美味しく作れます♪

赤じそが旬な時期には赤紫蘇ジュースを作って
赤しそのシーズンが過ぎたら青じそジュースを!

もちろん赤じそジュースに青じそを混ぜても
カロチンの栄養価が高まり
青じその風味も増すので
栄養たっぷりの飲み物になりますね♪

赤しそジュースも美味しいですが
青しそジュースも香りが良くて美味しいですよ~

クーラーで弱っている体にも
しそパワーで乗り切ってくださいね。

ではいよいよ
青じそジュースのおいしい作り方をご紹介しますね!

青しそジュースの美味しい作り方!

材料(そのまま飲むタイプです)多い場合は半分の量で作ってみてください。

青じそ・・80~100枚くらい
水・・2リットル
お好みの甘味料(うちではオリゴ糖使用)
砂糖でもOK!・・200g
クエン酸(ドラッグストアで売っています)・・小さじ2~3